[市場動向]

クラウドやIoTは何を引き起こすのか? 米国TOPエンジニアが語る「これからのIT」

JISA会報(2014Summer)ピックアップ<上>

2014年9月12日(金)情報サービス産業協会(JISA)

情報サービス産業協会(JISA)は2014年5月26日、「アメリカのTOPエンジニアとこれからの『IT』」を語り合おう」というイベントを開催。当日の討論の模様を会報誌「jisa quarterly 2014 Summer」(No.110)に収録している。ITリーダーにとっても示唆に富む内容が含まれているので、同協会の許可を得て転載する。

【はじめに】

 コンピューティング・コストが極限まで安くなると何が起きるか? あらゆるモノがインテリジェントになるとどうか? そこまで行かないにしても、クラウドの進展は企業に何をもたらすのか? そして、アプリケーション(ソフトウェア)開発のスタイルはどうなっていくのか?

──こうしたことを探るため、米国のIT/ソフトウェアの先端動向に詳しい成本正史氏(米マイクロソフト パターンズアンドプラクティス シニアプログラムマネージャー)を招いた討論会「アメリカのTOPエンジニアとこれからの『IT』を語り合おう」を、情報サービス産業協会(JISA)が実施した。聞き手はJISA副会長の横塚裕志氏(元・東京海上日動システム社長)、コメンテータは細川努氏(アーキテクタス代表)である。

 ある種の極論が含まれるが、それでも成本氏の話は示唆に富む。「今までもソフトウェアは重要だったのですが、これからはソフトウェアが企業の優劣を決定づけるようになります。IT を活用できている会社とできていない会社では、当然できている会社が勝つわけです──<中略>──ITが利益を生むので、コストダウンするのではなくて、ITに倍払ってもいいから、例えばエネルギー効率を2倍改善してくれということになってくるのです」といった下りがその1つだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】コンピューティングの無料化
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
関連記事

クラウドやIoTは何を引き起こすのか? 米国TOPエンジニアが語る「これからのIT」情報サービス産業協会(JISA)は2014年5月26日、「アメリカのTOPエンジニアとこれからの『IT』」を語り合おう」というイベントを開催。当日の討論の模様を会報誌「jisa quarterly 2014 Summer」(No.110)に収録している。ITリーダーにとっても示唆に富む内容が含まれているので、同協会の許可を得て転載する。

PAGE TOP