[新製品・サービス]

IDCフロンティア、ビッグデータ管理分析基盤を提供開始、1億5000万レコードまで無料で

2014年9月25日(木)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

IDCフロンティアは2014年9月25日、クラウド型データ分析基盤「Yahoo!ビッグデータインサイト」を提供開始した。米トレジャーデータのクラウドサービスをIDCフロンティアのインフラで運用する。

 Yahoo!ビッグデータインサイトは、米トレジャーデータが提供するクラウド型データ管理プラットフォームを、IDCフロンティアのインフラ上で運用するもの。

 データ収集ツールを使って、業務システムやセンサーが生成したデータを収集、クラウド上に保管できる。蓄積したデータはSQLやAPIを使って分析する。数千万から数千億件のレコードを扱えるようインフラ設計している点が特徴だ。

 サービスは、IDCが持つ国内データセンターで運用する。「米国でサービスを運用するトレジャーデータ版と比べて、通信の遅延を抑えられる。データの保管場所にデリケートな企業にも利用してもらえる。閉域網で接続できる点は、IDCフロンティア独自の訴求ポイント」(IDCフロンティア 経営企画部の山下淳治氏)。

 3つの料金プランを用意。保管可能なレコード数と、分析に使用できるCPUコア数が異なる。スタンダードプランの場合、最大150億レコードまで保管可能。分析用に8コアを占有できるほか、共用コアも含めると最大で32コア使用できる。オプションを購入すれば、リソースは拡張可能。月額料金は35万3000円、最低利用期間は1カ月。

  試験導入用に、無償版のスタータープランも用意する。最大で1億5000万レコードまで保存可能。分析用のCPUは最大で1コア。他のユーザーとコアを共用するため、混雑時はパフォーマンスが低下する。月間60回までクエリーを実行できる。

 第1号ユーザーとして電通が導入することを決定している。

関連記事

IDCフロンティア、ビッグデータ管理分析基盤を提供開始、1億5000万レコードまで無料でIDCフロンティアは2014年9月25日、クラウド型データ分析基盤「Yahoo!ビッグデータインサイト」を提供開始した。米トレジャーデータのクラウドサービスをIDCフロンティアのインフラで運用する。

PAGE TOP