[事例ニュース]

内閣官房、行政機関のオープンデータを横断的に検索できるWebサイトを稼働

2014年10月2日(木)IT Leaders編集部

内閣官房は、府省庁が保有し公開しているオープンデータを、個人や企業などの利用者が検索・活用するためのポータルサイトを構築。2014年10月1日に本格稼働させた。

 従来、府省庁が公開しているデータを個人や企業などが入手するには、各行政機関のWebサイトを個別に検索して収集する必要があった。

 「DATA.GO.JP」と呼ぶ新サイトにおいては、各機関のデータを横断的に検索可能にした。オープンデータの民間活用を促し、新たなビジネスやサービスの創出につなげることを狙う。

 検索対象となるデータは、各機関が保有する予算や決算、調達情報、各種統計情報、防災・減災情報など1万件以上。利用者は任意のキーワードのほか、「社会」「経済」「環境」といった属性やファイル形式などを指定してデータを絞り込める。今後は、自治体の公開するデータも検索できるようにしていくという。

 日立が、計策策定や構築を支援。自社のクラウド基盤上で新サイトを運用している。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 内閣官房
業種 政府機関
導入システム オープンデータ検索サイト
導入目的 オープンデータ活用による新ビジネスの創出促進
導入時期 2014年10月
主な利用製品 「オープンデータソリューション」(日立)
関連キーワード

行政 / 政府機関 / オープンデータ / 日立製作所

関連記事

内閣官房、行政機関のオープンデータを横断的に検索できるWebサイトを稼働内閣官房は、府省庁が保有し公開しているオープンデータを、個人や企業などの利用者が検索・活用するためのポータルサイトを構築。2014年10月1日に本格稼働させた。

PAGE TOP