[インタビュー]

「アジャイルで最も意識改革を迫られるのはプログラマー」米Pivotal LabのCTO

2014年10月30日(木)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

アジャイル/DevOps(開発と運用の融合)のキーワードで、ビジネスの変革をうながすためのアプリケーション開発の重要性が指摘されている。それを支えるためのプラットフォームとなるPaaS(Platform as a Service)の整備も進んできた。アジャイル/DevOpsやPaaSが今後のシステム開発にどう影響するのかについて、旧Xtream Labsの共同創設者であり、現在はPaaS用ソフトウェアを開発する米Pivotalが持つPivotal LabsのCTO(Chief Technology Officer)を務めるサンディーブ・マドラ氏に聞いた。(聞き手は志度昌宏:IT Leaders編集部)

Pivotal LabsのCTO(Chief Technology Officer)を務めるサンディーブ・マドラ氏Pivotal LabsのCTO(Chief Technology Officer)を務めるサンディーブ・マドラ氏

−−クラウドコンピューティングの登場は、アジャイル開発にどのような影響を与えているか。

 クラウド以後、大きな変化が起こっている。1つは生産性のさらなる向上だ。クラウドが持つ機能やサービスを使いながらアプリケーションを開発できる。これはアプリケーション開発者にとって大きな変化である。

 もう1つは、サービスを提供するという概念の浸透である。例えば、ビッグデータを扱う基盤としてHadoopを導入しようとする際、IT部門を介して従来のプロセスで調達しようとすれば数カ月かかるところが、クラウドだと、ものの数分で利用できる。これは、運用担当者にとって大きな変化をもたらしている。

 いずれも、米Googleや米Facebookといった企業が提供するサービスを体験した結果、同じようなサービス提供の仕組みを実現したいという期待の表れだ。だからこそ、上記2つの変化を組み合わせたDevOps(開発と運用の融合)といった動きが加速しているのだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ペアプロでは好き勝手に時間は使えない
  • 1
  • 2
関連記事

「アジャイルで最も意識改革を迫られるのはプログラマー」米Pivotal LabのCTOアジャイル/DevOps(開発と運用の融合)のキーワードで、ビジネスの変革をうながすためのアプリケーション開発の重要性が指摘されている。それを支えるためのプラットフォームとなるPaaS(Platform as a Service)の整備も進んできた。アジャイル/DevOpsやPaaSが今後のシステム開発にどう影響するのかについて、旧Xtream Labsの共同創設者であり、現在はPaaS用ソフトウェアを開発する米Pivotalが持つPivotal LabsのCTO(Chief Technology Officer)を務めるサンディーブ・マドラ氏に聞いた。(聞き手は志度昌宏:IT Leaders編集部)

PAGE TOP