[市場動向]

【座談会】主要ベンダーのPaaS戦略と普及の条件(第1回)

2014年12月3日(水)IT Leaders編集部

企業活動において、今後の原動力の1つになると期待されるPaaS(Platform as a Service)。日本市場においても、大手ITベンダー各社がPaaSあるいはPaaSを実現するための製品の投入に本腰を入れ始めた。各社はPaaSをどう位置付け、どのように日本で展開しようとしているのか。また利用する側はPaaSにどう対峙すべきなのか。日本オラクル、レッドハット、ピボタルジャパン、日本マイクロソフト(登場順)の各担当者が、それぞれの方針や利用拡大のための課題を語り合った。第1回は、各社が描くPaaS像がテーマである。 なお日本HPと日本IBMの担当者は日程の都合から、AWSとグーグルは座談会には参加しないとの方針から、それぞれ参加が叶わなかった。日本HPと日本IBMの考え方については、別記事のPaaS Conference(主催インプレス)のパネルディスカッション報告をご覧いただきたい。進行は川上潤司=IT Leaders編集長が務めた。(文中敬称略)

IT Leaders編集長、川上潤司(以下、ITL・川上) 本日はお忙しい中、お集まりいただき、ありがとうございます。IT Leaders誌では、これからの企業のITインフラとしてPaaS(Platform as a Service)の動向に着目しています。現状を踏まえつつ、企業はPaaSをどうとらえ、どのように活用していけば良いのか−−。こうした点を中心に、PaaSに取り組んでおられる、みなさんのご意見をうかがわせてください。

 最初に自己紹介を兼ねて、各社が今、PaaSをどのように展開されているのか、その概略からお話しいただけますか。

日本オラクル、清水照久氏(以下、オラクル・清水) 米オラクルは、いよいよPaaSに本格参入し、2014年9月からグローバルに活発なプロモーションを始めました。私は、Javaを中心としたミドルウェアのPaaSを担当しています。ただ、オラクルは色々な種類のPaaSを手がけたい考えなので、もう一人の担当者と共に今日は参加させていただきます。よろしくお願いします。

日本オラクル、佐藤裕之氏(以下、オラクル・佐藤) オラクルのPaaSについては清水が説明しましたので省略しますが、私はミッションの1つとしてOracleデータベースのPaaSを担当しています。よろしくお願いいたします。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】Lift & Shiftでシステム全体をモダナイズする
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

【座談会】主要ベンダーのPaaS戦略と普及の条件(第1回)企業活動において、今後の原動力の1つになると期待されるPaaS(Platform as a Service)。日本市場においても、大手ITベンダー各社がPaaSあるいはPaaSを実現するための製品の投入に本腰を入れ始めた。各社はPaaSをどう位置付け、どのように日本で展開しようとしているのか。また利用する側はPaaSにどう対峙すべきなのか。日本オラクル、レッドハット、ピボタルジャパン、日本マイクロソフト(登場順)の各担当者が、それぞれの方針や利用拡大のための課題を語り合った。第1回は、各社が描くPaaS像がテーマである。 なお日本HPと日本IBMの担当者は日程の都合から、AWSとグーグルは座談会には参加しないとの方針から、それぞれ参加が叶わなかった。日本HPと日本IBMの考え方については、別記事のPaaS Conference(主催インプレス)のパネルディスカッション報告をご覧いただきたい。進行は川上潤司=IT Leaders編集長が務めた。(文中敬称略)

PAGE TOP