[イベントレポート]

「イノベーション・カフェ」の議論はIT責任者に向けた面白い仕事の実践法だった!

2015年2月19日(木)田口 潤(IT Leaders編集部)

本サイト「是正勧告」の執筆者である木内里美氏が「イノベーション・カフェ」というシンポジウムを開催するというので、それほど気乗りしないまま出かけてきた。イノベーションはそう軽々に実践できるものではないと思うからである。それは、いい意味で裏切られた。プログラムにあったグループディスカッションには参加せず、2つの講演を聴いただけだが、読者にお伝えすべきと思える示唆が少なからずあったのだ。

 冒頭に結論めいたことを書いておくと、「ある程度の大手企業なら、仮に失敗しても給料はもらえる。自己破産する可能性はないし、個人保証する必要もな い。しかも会社の金が使える。そうであるなら、成果主義や周囲の意向に囚われすぎず、自分がやりたい何かをやるべき」というメッセージだった。

事業開発イノベーターの本音が聞けるとあって会場には多くの参加者が詰めかけた

社内イノベータとは「青黒い人材」である

 講演の1つは、リコーにおいて研究開発本部・未来技術総合研究センター所長を務め、現在はクリエイブルという会社を主宰する瀬川秀樹氏による、「あきらめは悪いぐらいでいい」。あきらめが悪い=企業内での足掻き方、がテーマである。大半の企業は本質的に保守的な面を持つが、そこで何らかの新しいチャレンジをするためには、あきらめずに足掻くことが必要というわけだ。

 しかし、やみくもに足掻けばいいわけではない。瀬川氏は、足掻いて成果につなげられるタイプの人を"青黒い人"と表現する(写真1)。「青臭いけれども高い志を持ち、同時に腹黒い社内政治力を併せ持つ人です。直球と変化球を兼ね備えるんです。壁にぶつかっても、ぬるっとすり抜けられる巧みさです」(瀬川氏)。

写真1 瀬川氏の言う「青黒い人」のイメージ
拡大画像表示

 「言うは易し、行うは難し」だが、もちろん言うだけではない。瀬川氏は自身の仕事の1つを具体例として紹介した。「年収30万円以下で暮らす人は、世界中にたくさんいます。2008年、そうしたBOP(ボトム・オブ・ピラミッド)の人を対象にする、新規事業の創出と社会貢献を目指したプロジェクトを企画しました。日本をはじめ先進国だけのビジネスは限界が見えており、リコーのメリットと社会のメリットの両方を追求することを考えたわけです」。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】もう1つの注目事例、東急ハンズ
  • 1
  • 2
関連記事

「イノベーション・カフェ」の議論はIT責任者に向けた面白い仕事の実践法だった!本サイト「是正勧告」の執筆者である木内里美氏が「イノベーション・カフェ」というシンポジウムを開催するというので、それほど気乗りしないまま出かけてきた。イノベーションはそう軽々に実践できるものではないと思うからである。それは、いい意味で裏切られた。プログラムにあったグループディスカッションには参加せず、2つの講演を聴いただけだが、読者にお伝えすべきと思える示唆が少なからずあったのだ。

PAGE TOP