[新製品・サービス]

アップルとIBM、企業向けiOSアプリに新作8種を追加、合計10業種22アプリに

2015年4月2日(木)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

米アップルは2015年4月2日、米IBMとの提携による、iPhone/iPadで動作するiOSビジネスアプリケーションシリーズ「MobileFirst for iOS Apps」の新しい8つのビジネスアプリの概要を、日本を含む世界各国のWebサイトで公開した。同領域での両社の協業は2014年10月に発表され、12月に最初の10製品を国内で発表している。

 MobileFirst for iOS Appsシリーズの投入にあたって、2014年10月の発表時にアップルとIBMが掲げたコンセプトは、「ビッグデータとアナリティクスの可能性を最大限引き出すアプリケーション」。高い市場シェアを誇るアップルのiPhone/iPadと、ビッグデータやアナリティクスをモバイル端末上でセキュアに扱うためのIBMテクノロジーを融合した、企業のモバイルファースト支援プロジェクトとして話題を呼んだ。

 これまでに発表済みのMobileFirst for iOS Appsは14種類。運輸・旅行業向けの「Passenger Care」「Passenger+」「Plan Flight」、銀行・金融業向けの「Advisor Alerts」「Advise & Grow」(画面1)「Trusted Advice」、保険業向けの「Retention」、エネルギー・公益業向けの「Field Connect」、通信業向けの「Expert Tech」、警察・行政機関向けの「Incident Aware」、社会福祉向けの「Case Advice」、小売業向けの「Dynamic Buy」「Pick & Pack」「Sales Assist」の各アプリである。

 今回、アップルのWebサイトで新たに紹介されたのは、ヘルスケア向けの「Hospital RN」「Hospital Lead」「Hospital Tech」「Home RN」、製造業向けの「Rapid Handover」、運輸・旅行業向けの「Ancillary Sale」、小売業向けの「Order Commit」、保険業向けの「Risk Inspect」の8つ。ヘルスケアと製造が加わって合計10業種、22のアプリが揃うことになった(画面2)。

画面1:2014年12月に発表された、銀行・金融業向けの「Advise & Grow」の操作画面。日本IBMが日本語化を担当した(出典:日本IBM)
画面2:今回、新たにヘルスケアと製造が加わって合計10業種のラインナップとなった(出典:アップル)
関連キーワード

Apple / IBM / iPhone / iPad

関連記事

アップルとIBM、企業向けiOSアプリに新作8種を追加、合計10業種22アプリに米アップルは2015年4月2日、米IBMとの提携による、iPhone/iPadで動作するiOSビジネスアプリケーションシリーズ「MobileFirst for iOS Apps」の新しい8つのビジネスアプリの概要を、日本を含む世界各国のWebサイトで公開した。同領域での両社の協業は2014年10月に発表され、12月に最初の10製品を国内で発表している。

PAGE TOP