[新製品・サービス]

アシスト、情報系システムのRFP策定に向けた研修サービスを開始

2015年4月7日(火)IT Leaders編集部

アシストは2015年5月から、企業が情報系システムを構築する際のRFP(Request For Proposal:提案依頼書)作成などを対象にした研修サービスを開始する。システムの発注者側に必要なスキルを演習付きで学習する。2015年4月6日に発表した。

 アシストが始める「情報系RFP策定実践教育」は、情報系システムを構築するための、企画から要求定義、RFP(Request For Proposal:提案依頼書)策定までを対象にした研修サービス。対象は、IT関連部門での経験が3年程度で、これから要求定義やRFP作成などを担当する人材である。

 研修は、アシストが情報系システムの構築支援で培ってきたコンサルティング実績を基に、2日間のオンサイト形式で実施する。テキストも、顧客支援の現場で利用してきたアシストのオリジナルで、演習を交えながら必要なスキルの習得を支援する。

 具体的なプログラムは、1日目が情報システム構築の流れから、システム構築におけるステークホルダーの役割、システム企画、インタビュー技法。2日目は、要求定義、要求定義書の構成例、RFP解説、開発から受入れの流れ、である。

 システム企画とビジネスシナリオ、情報活用シナリオ、RFPについては、演習により実際に作成する。受講後3カ月間は、アフターサポートを提供する。

 情報系RFP策定実践教育の料金は、定員10人までが64万8000円(税込、研修テキスト代を含む、以下同様)。10人以上の場合は、1人当たり2万7000円が追加される。

関連記事

アシスト、情報系システムのRFP策定に向けた研修サービスを開始アシストは2015年5月から、企業が情報系システムを構築する際のRFP(Request For Proposal:提案依頼書)作成などを対象にした研修サービスを開始する。システムの発注者側に必要なスキルを演習付きで学習する。2015年4月6日に発表した。

PAGE TOP