[新製品・サービス]

「BIND」に代わるOSSを使ったDNSサーバー構築サービス、デージーネットが開始

2015年5月28日(木)IT Leaders編集部

インターネット関連の技術サービス事業を手がけるデージーネットは2015年5月27日、DNS(Domain Name System)サーバーをOSS(Open Source Software)の「PowerDNS」「Poweradmin」を使って構築するサービスを開始したと発表した。DNSサーバーに多数利用されている「BIND」には脆弱性が発見されており、セキュリティの強化が図れるという。

 新サービスは、DNS(Domain Name System)サーバーをOSS(Open Source Software)の「PowerDNS」を使って構築するもの。脆弱性が指摘されている「BIND」と異なりキャッシュ機能を持たず、キャッシュを書き換えるといった攻撃がないためセキュリティを高められる。ソフトウェアバージョンアップの対策が少なくて済むため、管理者がメンテナンスにかける時間を削減できる。ドメインやリソースレコードなどの情報はBINDから移行できる。

 バックエンドのホスト名とIPアドレスの対応を管理するデータベースには、種々のRDB(Relational Data Base)を使用できる。バックエンドを管理するためのWebインタフェースに「「Poweradmin」を使用すれば、ゾーン情報をWebブラウザから管理できる。Poweradminは日本語に対応しており、ゾーン管理の知識が少なくても利用できる。

 システム導入後は、継続してシステム管理者の運用をサポートするサービス「Open Smart Asistance」を提供する。インストールしたOSSやソフトウェアの利用方法に関する質問への回答や、セキュリティ情報の提供、障害の調査・回避、障害時のオンサイト対応やシステム再構築といったサポートを用意する。

 構築サービスの料金は、DNSサーバーの構築費用が37万円から(ハードウェア別)、Open Smart Asistanceが7万4000円からになる。

関連記事

「BIND」に代わるOSSを使ったDNSサーバー構築サービス、デージーネットが開始インターネット関連の技術サービス事業を手がけるデージーネットは2015年5月27日、DNS(Domain Name System)サーバーをOSS(Open Source Software)の「PowerDNS」「Poweradmin」を使って構築するサービスを開始したと発表した。DNSサーバーに多数利用されている「BIND」には脆弱性が発見されており、セキュリティの強化が図れるという。

PAGE TOP