[インタビュー]

「オラクルはPaaSでクラウドファーストになる」米オラクルのミドルウェア戦略担当VP

2015年6月4日(木)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

米オラクルがクラウド事業に本腰を入れている。2020年にクラウドサービス事業者としてトップに立つのが目標だ。日本市場でも2015年4月から各種クラウドサービスの本格展開を開始した。中でも、データベース「Oracle」のクラウドサービスを含むPaaS(Platform as a Service)である「Oracle Cloud Platform」には、ユーザー固有のアプリケーションの動作環境として力が入る。オラクルのPaaSとは、何を指し、どこを目指すのか。Fusion Middleware製品管理・戦略部門バイスプレジデントのSiddhartha Agarwal(シッダールタ・アガワール)氏に聞いた。(聞き手は志度 昌宏=IT Leaders編集部)

米オラクルFusion Middleware製品管理・戦略部門バイスプレジデントのSiddhartha Agarwal(シッダールタ・アガワール)氏米オラクルFusion Middleware製品管理・戦略部門バイスプレジデントのSiddhartha Agarwal(シッダールタ・アガワール)氏

−−オラクルが「Oracle Cloud Platform」で考える、パブリックPaaS(Platform as a Service)の価値はなにか。

 オラクル製品を利用するために必要な煩雑な作業を省くことにある。煩雑は作業とは、ソフトウェアのインストールや種々の設定、バックアップの用意などだ。これにより、IT投資の多く占めている運用・管理コストを削減すると同時に、利用企業にはアジャイル(俊敏)なアプリケーションの構築・運用が可能になる。

 例えば、データベースのOracleを利用するためには80〜90の手順を踏む必要がある。インストールからIPアドレスの設定、セキュリティドメインの取得などなどだ。これがクラウド上なら5〜6ステップで済む。ハードウェアの調達を含めれば、データベースのインスタンスを立ち上げるのに、オンプレミスなら4〜6週間かかっていたものが30分ほどで完了する。これは、当社のWAS(Web Application Server)製品である「WebLogic Server」などでも同様だ。

 ソフトウェア製品のライフサイクルに沿って、バックアップの作成やパッチプログラムの適用などは当社が実施することになるが、当然ながら人手ではなく、自動化を図っている。そんな自動化が可能なのかと思うかもしれないが、オラクル製品のことを最もよく知っている当社なら可能だ。自社で開発している製品だから当然である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】Oracle Cloud Platformのゴールはコードを書かないこと
  • 1
  • 2
関連記事

「オラクルはPaaSでクラウドファーストになる」米オラクルのミドルウェア戦略担当VP米オラクルがクラウド事業に本腰を入れている。2020年にクラウドサービス事業者としてトップに立つのが目標だ。日本市場でも2015年4月から各種クラウドサービスの本格展開を開始した。中でも、データベース「Oracle」のクラウドサービスを含むPaaS(Platform as a Service)である「Oracle Cloud Platform」には、ユーザー固有のアプリケーションの動作環境として力が入る。オラクルのPaaSとは、何を指し、どこを目指すのか。Fusion Middleware製品管理・戦略部門バイスプレジデントのSiddhartha Agarwal(シッダールタ・アガワール)氏に聞いた。(聞き手は志度 昌宏=IT Leaders編集部)

PAGE TOP