[新製品・サービス]

台湾Synology、最大1PBに拡張できるクラスタ型ストレージを発表

2015年6月15日(月)IT Leaders編集部

NAS(ネットワーク接続型ストレージ)などを開発・販売する台湾のSynologyは2015年6月12日、2台のサーバーに複数のストレージユニットを接続するクラスタ型のストレージ製品を発表した。ストレージユニットの追加で記録容量を最大1PB超に拡大できる。

 発表したのは、2台のサーバー「RC18015xs+」にストレージユニット「RXD1215sas」を接続するストレージ製品。クラスタ構成を採ることで可用性を高める。最大15台のRXD1215sasを接続でき、ドライブ数は最大180台、容量は最大1PBを超える。

 スループットは毎秒2270MB、I/O性能は35万5400IOPSである。8GB(最大32GB)のRAM、10GbE(Giga bit Ethernet)インタフェースカードを挿入するためのPCI Express 3.0を8スロットを搭載する。SASモジュールやSAS接続ケーブル、電源ユニットなどは冗長構成を採っている。5年保障と交換サービスを用意する。

 サーバーには、WebベースのOS「DiskStation Manager」を搭載し、ストレージ管理業務を支援するアプリケーションを提供する。ユーザーアカウントの管理や、共有フォルダの割り当て容量の調整、内蔵データの整合性チェックなどの機能がある。

 特定時点のデータを復元できるよう、自動的に5分ごとにデータのスナップショットを作成できる。保存設定を毎時、毎日、毎週などにカスタマイズすれば、最大256個の復元ポイントを設けられる。

関連記事

台湾Synology、最大1PBに拡張できるクラスタ型ストレージを発表NAS(ネットワーク接続型ストレージ)などを開発・販売する台湾のSynologyは2015年6月12日、2台のサーバーに複数のストレージユニットを接続するクラスタ型のストレージ製品を発表した。ストレージユニットの追加で記録容量を最大1PB超に拡大できる。

PAGE TOP