[新製品・サービス]

米MapRの日本法人、ビッグデータをリアルタイムに分析する「Apache Drill」を正式に提供

2015年6月15日(月)IT Leaders編集部

米MapR Technologiesの日本法人は2015年6月12日、「Apache Hadoop」ディストリビューションの「MapR」において、オープンソースの低遅延クエリーエンジンである「Apache Drill(アパッチ・ドリル) 1.0」を2015年6月11日から正式に提供を開始したと発表した。

 Apache Drillは、事前のスキーマ定義なしにSQLによるビッグデータの検索・分析を可能にするソフトウェア。データ分析の前にスキーマを把握しなくても、複雑なデータ形式からリアルタイムな分析ができる。データを検索し理解する時間を削減できる。

 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)関連のセンサーやWebサイトのクリックストリーム、JSON(JavaScript Object Notation)形式などの半構造化データなど、種々のデータタイプを検索できる。主要なBI(Business Intelligence)ツールやデータ可視化ツールに対応している。

 セキュリティ機能やガバナンス機能を持ち、マルチテナントのデータレイクや企業向けデータハブといった用途に対応する。

関連記事

米MapRの日本法人、ビッグデータをリアルタイムに分析する「Apache Drill」を正式に提供米MapR Technologiesの日本法人は2015年6月12日、「Apache Hadoop」ディストリビューションの「MapR」において、オープンソースの低遅延クエリーエンジンである「Apache Drill(アパッチ・ドリル) 1.0」を2015年6月11日から正式に提供を開始したと発表した。

PAGE TOP