メインフレーム メインフレーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

NEC、クラウド環境へのバックアップができるACOSサーバーを発売

2015年6月18日(木)IT Leaders編集部

NECは2015年6月17日、中堅企業向け基幹業務サーバー「パラレルACOS i-PX7300GX」6モデルを発売したと発表した。クラウド環境へのバックアップや、タブレット端末からの利用などに対応した。

 i-PX7300GXは、NECの独自OS「ACOS」を搭載する基幹業務用サーバー(メインフレーム)。今回、クラウド環境などの遠隔地へのバックアップ機能を標準搭載した。個別にシステムを構築することなくバックアップを作成でき、テープ媒体の取り換えや保管場所の確保といった費用や工数を低減できる。

 GUI(Graphical User Interface)による操作環境を提供する専用ソフトウェア「VIS/VE」において、Windows搭載の自社製タブレットや、米VMwareの仮想デスクトップ「VMware Horizon View」を利用した仮想端末環境に対応した。在庫管理や生産管理といった基幹業務のデータにタブレット端末からアクセスできるようになる。

 i-PX7300GXの月額使用料金は「モデル50GX」が13万8700円、「モデル500GX」が209万5700円など。7月17日から出荷する。2年間で150システムの販売を目指す。

関連記事

NEC、クラウド環境へのバックアップができるACOSサーバーを発売NECは2015年6月17日、中堅企業向け基幹業務サーバー「パラレルACOS i-PX7300GX」6モデルを発売したと発表した。クラウド環境へのバックアップや、タブレット端末からの利用などに対応した。

PAGE TOP