[インタビュー]

「異機種混在のストレージ仮想化、独立系ソフトベンダーの価値を示す」──米ファルコンストアCEO

2015年6月19日(金)川上 潤司(IT Leaders編集部)

米ファルコンストアは、新旧の外部接続ストレージを仮想化する最新ソフトウェア「FreeStor」を2015年2月18日発表。6月3日から全世界で提供を開始した。来日した同社のCEO、ゲーリー・クイン氏に製品概要と販売戦略を聞いた。

まずは6月からワールドワイドで提供を開始した「FreeStor」とは何なのかを説明してほしい。

 実体としてはx86サーバーに導入するソフトウェア群だ。図を見て頂くと分かりやすいと思うが、「FreeStor Storage Server(FSS)」で最大128ノードのクラスタを構成し、それらにまたがる単一のストレージプールを形成。ここから任意容量のボリュームを切り出して、業務アプリケーションから使えるようにする。その際、外部接続のさまざまなタイプのストレージ装置が使えるのが特徴だ。iSCSI、FibreChannel、FCoEなど一般的なSAN接続となる。

図 FreeStorの概略
拡大画像表示

 FSSのクラスターを管理するのが「FreeStor Management Server(FMS)」で、ここで指定した各種の設定がクラスタに反映される。専用のWeb画面のほかREST APIでも制御できる。FMSは、ストレージプーを対象としたインライン重複排除を実行する「FreeStor Dedupe Repository」(FDR)の管理も担う。

 当社は2000年の創業以来、「企業にとって柔軟で堅牢なデータ管理基盤」を旗印に、ソフトウェアの開発に力を注いできた。データ移行、事業継続、バックアップ、災害対策、重複排除などの領域で、多くの実績とノウハウを獲得。それらをベースに、これからのストレージ環境のあるべき姿を具現化するものとして世に出したのがFreeStorである。仮想化技術でストレージのレイヤーを抽象化、ワークロードを物理ハードウェアから完全に切り離している。いわゆる「Software Defined Storage」のアプローチだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「異機種混在のストレージ仮想化、独立系ソフトベンダーの価値を示す」──米ファルコンストアCEO米ファルコンストアは、新旧の外部接続ストレージを仮想化する最新ソフトウェア「FreeStor」を2015年2月18日発表。6月3日から全世界で提供を開始した。来日した同社のCEO、ゲーリー・クイン氏に製品概要と販売戦略を聞いた。

PAGE TOP