開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[イベントレポート]

【RedHat Summit 2015】ビジネス密着のITに向けコンテナ技術が急浮上

2015年7月1日(水)田口 潤(IT Leaders編集部)

IT分野では日進月歩で新しい技術が登場する。その1つが、2年前にはほとんど知られていなかった「コンテナ技術」だ。場所を問わずにアプリケーションを稼働させることができ、機能改良や拡張も容易にするこの技術は、次世代企業アプリケーションのメインストリームになる可能性を秘めている。

 わずか1年でこれほどの広がりを見せ、実用に踏み切る企業が出てくるとは驚くべき速さ−−。何かといえば、アプリケーションを可搬にする「コンテナ技術」のことである。

 というのも2014年4月に開かれた「RedHat Summit 2014」で米レッドハットは、主力のLinux製品に「Docker」と呼ぶコンテナ技術を実装すると発表。複数のセッションを費やしてDockerやコンテナ関連技術の説明に努めた。将来は有望であるにせよ、当時はまだ未熟な技術だったのだ。

 それが、2015年6月23日〜26日に開かれた「RedHat Summit 2015」では一転する。レッドハットは、コンテナ技術を用いて大規模アプリケーションを開発するためのPaaS(Platform as a Service)「OpenShift Enterprise3」と、クラウド環境でコンテナを実行するソフトウェア「Red Hat Atomic Enterprise Platform」を発表した。

 同社のポール・コーミア上級副社長は、「2014年はコンテナ自体を説明した。2015年は企業に適用する方法を説明する。それによってWeb開発者の経験を企業の開発者が共有できるようにする。経験とは、スピードと、それがもたらすイノベーションである」と強調する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】経営・事業の要求を満たすシステムの条件とは?
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
関連記事

【RedHat Summit 2015】ビジネス密着のITに向けコンテナ技術が急浮上IT分野では日進月歩で新しい技術が登場する。その1つが、2年前にはほとんど知られていなかった「コンテナ技術」だ。場所を問わずにアプリケーションを稼働させることができ、機能改良や拡張も容易にするこの技術は、次世代企業アプリケーションのメインストリームになる可能性を秘めている。

PAGE TOP