[新製品・サービス]

日本ユニシス、ビッグデータ分析のPaaSをAWSから提供

2015年7月8日(水)IT Leaders編集部

日本ユニシスは2015年7月7日、ビッグデータ分析のためのデータ活用基盤となる「データ統合・分析共通PaaS」の提供を開始したと発表した。アクセスログや、製造業のセンサーログ、流通業の売り上げデータ、ソーシャルメディアや顧客情報などを分析するためのデータ統合や分析環境を構築できる。

 「データ統合・分析共通PaaS」は、データ統合や分析に最適なソフトウェア環境を組み合せたPaaS(Platform as a Service)。ホスティング型のプライベートクラウド上で提供する。現在稼動可能なクラウド環境はAWS(Amazon Web Services)のみ。今後、Microsoft Azureにも対応する予定である。

 組み合わせたソフトウェアは、マップアール・テクノロジーズ製のHadoopディストリビューション「MapR」と、日本HPのビッグデータのリアルタイム分析基盤「HP Vertica Analytics Platform」、および日本ユニシスが開発した「汎用データ処理ツール」である。

 汎用データ処理ツールは、各種データの収集や形式変換、クレンジング、マスターやテーブルの更新などの機能を提供する。これらソフトウェアをPaaSとして提供することで、ビッグデータ分析のための環境構築時間を短縮でき、Hadoopなどのビッグデータ関連技術に対する高いスキルも不要にする。

 日本ユニシスは、データ統合・分析共通PaaSや同環境上に構築する業務アプリケーションの開発などのサービスを提供する。データ分析結果を、業務アプリケーションやBI(Business Intelligence)ツールで参照するといった仕組み作りなども支援する。

 データ統合・分析共通PaaSの利用料金は、初期費用が100万円、月額75万円から。同基盤を使った業務アプリケーションの開発などを含め、今後3年間に50億円の売り上げを目指す。

関連記事

日本ユニシス、ビッグデータ分析のPaaSをAWSから提供日本ユニシスは2015年7月7日、ビッグデータ分析のためのデータ活用基盤となる「データ統合・分析共通PaaS」の提供を開始したと発表した。アクセスログや、製造業のセンサーログ、流通業の売り上げデータ、ソーシャルメディアや顧客情報などを分析するためのデータ統合や分析環境を構築できる。

PAGE TOP