[新製品・サービス]

IIJ、ハイブリッドクラウド環境が組めるIaaSを10月から提供へ

2015年7月15日(水)IT Leaders編集部

IIJは2015年7月14日、パブリッククラウド環境とプライベートクラウド環境を組み合わせて提供できるIaaS(Infrastructure as a Service)である「IIJ GIOインフラストラクチャーP2」を2015年10月から提供すると発表した。それぞれの環境から種々のリソースを選択しハイブリッド化することで、利用企業は、より最適なクラウド環境を構築できるようになる。

 「IIJ GIOインフラストラクチャーP2」は、仮想サーバーを中心とした共有リソースを提供する「パブリックリソース」と、VMware仮想化環境と物理サーバーを専有リソースとして提供する「プライベートリソース」、両リソースのサーバーで利用できる「ストレージリソース」を組み合わせて利用できるIaaS(Infrastructure as a Service)。マルチキャリア対応やプライベートセグメントの延伸などの外部接続機能により、オンプレミスや他社のクラウドサービスとの連携も図れる。

 パブリックリソースでは、特徴が異なるサーバーリソースを3タイプ用意する。「性能保証タイプ」は、CPUが確実に割り当てられる仮想サーバーを月額固定料金で提供する。「ベストエフォートタイプ」は、CPUの分配利用によりコストを抑え、1時間単位の従量課金で提供する。「専有タイプ」は、物理的に他のサーバーから切り離された環境で、SSDまたはサンディスク社製の高速フラッシュストレージを利用できる。

 各タイプの組み合わせやプ変更は、オンラインで実施できる。例えば、稼働中の仮想サーバーからOSイメージを専用領域に保管すれば、それを元にしたサーバーを構築できる。運用負荷が軽減し、高負荷時のスケールアウトやパッチの適用にも対応できる。カスタムOSイメージを保管する専用領域は、保管容量に応じた従量課金のためコストを抑えられる。

 一方のプライベートリソースでは、オンプレミス環境で構築されたシステムをそのまま移設できるよう、信頼性を高めた。最大24コア対応のCPU、192GBのメモリー、10Gbpsのネットワーク対応などを選択できる。ディスクなどのサーバースペックはオンライン上でカスタマイズできる。コントロールパネル経由でサービスの即時利用(標準モデルの場合)とサーバーリソースのセルフ管理が可能で、1日単位で必要なリソースを増減できる。

 GIOインフラストラクチャーP2の料金は、パブリックリソースのベストエフォートタイプが月額1100円(税別、以下同様)からで、従量課金部分は1時間当たり1.5円から。プライベートリソースの「仮想化プラットフォーム VWシリーズ」が月額10万8000円から、などである。

関連記事

IIJ、ハイブリッドクラウド環境が組めるIaaSを10月から提供へIIJは2015年7月14日、パブリッククラウド環境とプライベートクラウド環境を組み合わせて提供できるIaaS(Infrastructure as a Service)である「IIJ GIOインフラストラクチャーP2」を2015年10月から提供すると発表した。それぞれの環境から種々のリソースを選択しハイブリッド化することで、利用企業は、より最適なクラウド環境を構築できるようになる。

PAGE TOP