[新製品・サービス]

日本オラクル、PaaSの新サービス6種を追加

2015年7月23日(木)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

日本オラクルは2015年7月23日、同社のPlatform as a Service (PaaS)である「Oracle Cloud Platform」に新サービス6種を追加した。ビッグデータの取り扱いやモバイル対応のためのサービスである。2015年に本格的なクラウド対応を宣言した同社は、PaaSのサービス強化を進めている。今回のサービス追加もその一環。

 新たに追加したサービスは、「Oracle Database Cloud – Exadata Service」「同Big Data Cloud Service」「同 Mobile Cloud Service」「同Integration Cloud Service」「同Process Cloud Service」「同Archive Storage Cloud Service」の6種。各サービスの概要は、以下の通り。

 Database Cloud – Exadata Serviceは、同社のDWH(Data Warehouse)用サーバーである「Oracle Exadata」の機能をクラウドサービスとして提供するもの。オンプレミスで稼働しているExadataと同等の性能や機能、可用性を持つOracle Databaseをクラウド上で実行できる。オンプレミスのOracle Databaseとの互換性を持ち、ハイブリッドクラウド環境も構築できる。

 Big Data Cloud Serviceは、ビッグデータを取得・管理するためのプラットフォーム。HadoopおよびNoSQLデータベース上にある種々のワークロードを実行できる。「Big Data SQL Cloud Service」と組み合わせれば、オラクルのSQL実装をHadoopやNoSQLにまで拡張できる。

 Integration Cloud Serviceは、クラウド環境およびオンプレミス環境にある各種アプリケーションを連携するもの。同社のSOA(Service Oriented Architecture:サービス指向体系)のためのミドルウェアである「Oracle SOA Suite」の機能を提供する。事前に構築された連携機能のほか、ベストプラクティスに基づくアプリケーション間連携を可能にする。

 Mobile Cloud Serviceは、バックエンドシステムとの連携を前提にしたモバイルアプリケーションの開発・実行環境。アプリケーション開発者は、アプリケーション連携や、モバイルAPI、セキュリティなどへの対応に多大な負荷を取られることなく、種々のデバイス上で稼働するモバイルアプリケーションを開発できる。アナリティクス機能があり、モバイルアプリケーションの利用状況を把握できる。

 Process Cloud Serviceは、ビジネスプロセスの管理機能。コードを記述しなくても、クラウド上でプロセスの自動化を図れる。ビジネスプロセスのライフサイクル管理に加え、プロセスの正常な実行やSLA(Service Level Agreement:サービスレベル契約)の達成度なども取得できる。手動プロセスを自動化し、SaaS(Software as a Service)型のアプリケーションのカスタマイズにも利用できる。

 Archive Storage Cloud Serviceは、長期間保存するアプリケーションとワークロードのためのストレージ機能。アクセス頻度が少ない大規模データを対象にする。企業利用を想定したSLAを保証する。各社のバックアップやアーカイブ、データ管理のためのソフトウェアと統合された業界標準のAPIを提供する。

 日本オラクルは現在、「POCO(The Power Of Cloud by Oracle)」をキーワードに、クラウド関連サービスの拡充を図っている。PaaS分野では専任組織である「PaaS事業推進室」も設立し、早期の導入を支援する「スターターパック」なども提供する計画だ。

 米本社では、2015年度第4四半期にSaaSとPaaSの両事業の売上高は対前年同期比200%増の4億2600万ドルになり、顧客数も2015年度第4四半期に1419社増え累計1800社を超えたという。「Oracle Cloud」は、世界に19カ所あるデータセンターにおいて、合計で5万4000台のデバイスと700ペタバイトのストレージを使って運用されている。

関連記事

日本オラクル、PaaSの新サービス6種を追加日本オラクルは2015年7月23日、同社のPlatform as a Service (PaaS)である「Oracle Cloud Platform」に新サービス6種を追加した。ビッグデータの取り扱いやモバイル対応のためのサービスである。2015年に本格的なクラウド対応を宣言した同社は、PaaSのサービス強化を進めている。今回のサービス追加もその一環。

PAGE TOP