[インタビュー]

「ストレージはデータ分析力を最大化するための“腕”」米IBMのストレージ担当GM

2015年8月20日(木)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

米IBMがSoftware Defined Storage(SDD)とフラッシュの開発に力を入れている。2015年2月には、ストレージ用ソフトウェアなどの開発に今後5年間に10億ドル(1240億円、1ドル124円換算)超を投資すると発表している。IBMはストレージに対し、どんな利用場面を描き、どんな仕組みを提供しようとしているのか。米本社でStorage & Software Defined Systems & Technology GroupのGeneral Manageを務めるJamie Thomas(ジェイミー・トーマス)氏に聞いた。(聞き手は志度 昌宏=IT Leaders編集部)

米IBMのStorage & Software Defined Systems & Technology Group担当General ManageであるJamie Thomas(ジェイミー・トーマス)氏米IBMのStorage & Software Defined Systems & Technology Group担当General ManageであるJamie Thomas(ジェイミー・トーマス)氏

−−ストレージ分野で5年間に10億ドル以上を投資すると決めた。今、なぜストレージ分野の強化が必要なのか。

 企業の経営スタイルが、データ駆動型、すなわち、ビッグデータの分析から得られた洞察によって行動するように変化してきているからだ。そのためストレージ環境は、より柔軟であり、かつデータのライフサイクル全般を管理できるように変わらなければならない。それを実現するための投資である。

 近年、ビジネスの近代化に向けて当社が「CAMS(Cloud、Analytics、Mobile、Social)に注力しているのはご存じのはずだ。これらは、ビッグデータ分析による洞察を得るための手段である。そして大量データの保管・分析に向けた新しいITインフラとしてクラウドが存在する。

 オンプレミスの既存環境と、新しいITインフラであるクラウドの双方に対し、上述した柔軟性と管理性を実現するには、Software Definedにならざるを得ない。こうした認識の下、2014年にストレージ戦略を刷新し、Software Defined Storageとフラッシュストレージの両分野に注力することを決めた。それぞれでマーケットリーダーを目指す。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】性能面ではハードウェアを含めた最適化が不可欠
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

「ストレージはデータ分析力を最大化するための“腕”」米IBMのストレージ担当GM米IBMがSoftware Defined Storage(SDD)とフラッシュの開発に力を入れている。2015年2月には、ストレージ用ソフトウェアなどの開発に今後5年間に10億ドル(1240億円、1ドル124円換算)超を投資すると発表している。IBMはストレージに対し、どんな利用場面を描き、どんな仕組みを提供しようとしているのか。米本社でStorage & Software Defined Systems & Technology GroupのGeneral Manageを務めるJamie Thomas(ジェイミー・トーマス)氏に聞いた。(聞き手は志度 昌宏=IT Leaders編集部)

PAGE TOP