[海外動向]

米GEをパートナーにIoTに注力する~米PivotalがCEOの交代を発表

2015年8月20日(木)田口 潤(IT Leaders編集部)

米EMCの子会社である米Pivotal SoftwareはCEOの交代を発表。同時にPaaS関連の収入が1億ドルを超える見通しであることを発表した。日本での存在感はまだ小さいものの、米General Eletricが10%出資することなどを考え合わせ、注目すべきIT企業の1社である。

 米Pivotal Softwareについて、読者はどんなイメージを持っているだろうか。Pivotalジャパンという日本法人もあるが、知っている人でも米EMCの子会社でソフトウェアを手掛ける会社といった印象しかないかも知れない。だがオープンソース・ソフトウェア(OSS)の分野で最大手の米Red Hatに次ぐポジションに位置する可能性があるという点で、もっと知っておくべき企業の1社だ。

 そのPivotalが2015年8月18日、CEOの交代を発表した。これまで同社を率いてきたPaul Maritz氏が会長に退き、上級副社長のRob Mee氏がCEOに就くのが骨子。 Maritz氏は米Intelや、Microsoftに在籍した経歴を持つ著名人であり、1986年から2000年を過ごしたMicrosoft時代は Bill Gates氏、Steve Ballmer氏に次ぐナンバー3のポジションだった。

 後任のMee氏は、アジャイル開発のコンサルティング、および関連ツールのPivotal Labsを1989年に設立。2012年にEMCが買収した後もCEOを務めてきた、アジャイル開発やDevOpsなどのプロフェッショナルである。そんなMee氏への交代は、2013年に設立されたPivotal Softwareの立ち上げが一段落した今、オープンソース・コミュニティをはじめとするソフトウェア開発の世界に、より強くコミットするという意思表示と言えるだろう。

 事実、Mee氏は、Pivotalを企業がデジタルビジネスに移行するサポート役と位置づける。「自動車、保険、小売り、エネルギーなど業種を問わず、これからはソフトウェアがビジネスの根幹になる。すべての企業はソフトウェア会社にならないと戦えない」という認識だ。

 ではPivotalは、どんなソフトウェアをラインナップしているのか?大きく3系統あり、1つがPaaSを構築するソフトウェア「Pivotal Cloud Foundry」である。Pivotalの名を冠しているがOSSの形で提供されており、IBMやHP、富士通などの有力ベンダーがパブリッククラウド、プライベートクラウドのPaaSとして採用している。

 CEO交代の発表文の中でPivotalは「Cloud Foundryの収入は年間1億ドルを超える見込み」と述べ、順調に利用が広がっていることを示した。真正面から競合する同じOSSの「OpenShift」(米Red Hatが提供)に対し、少なくとも現時点で一歩先んじたと言えるかも知れない。

 2つ目が「Pivotal Big Data Suite」。Hadoopのディストリビューションである「Pivotal Greenplum Database」、SQLを使ってHadoop(Greenplum)に分析クエリーを出せる「Pivotal HAWQ」、インメモリーで動作するキーバリュー型DBの「Pivotal GemFire」から成るスィート製品である。ビッグデータを管理、処理する製品群だ。

 Pivotal Softwareは2015年4月、そのPivotal Big Data SuiteをOSSにすると発表している。元々、プロプライエタリだったCloud FoundryがOSSにすることで商業的に成功しつつあり、それに倣った形だ。実際、自由度などの点でOSS化は歓迎される動きだろう。

 第3は上記のPivotal Labs、具体的にはアジャイル開発のコンサルティングや、関連ツールの提供である。ツールとしては、アジャイルプロジェクトマネジメントをサポートする「Pivotal Tracker」が知られている。

 これら3つを合わせると、大量のデータを高速に処理し、柔軟に進化させる必要のあるクラウド・アプリケーション、例えばIoT(Internet of Things)のアプリケーション開発に適したソフトウェアを擁していることが分かる。Systems of Record(SoR)とSystems of Engagement(SoE)という分類では、SoEのアプリケーションだ。

 実際、IoTで最先端を行く1社である米GEがPivotalに10%(1億500万ドル)資本参加しており(ほかの出資者はEMCが62%、VMwareが28%)、GEのIoT向けソフトウェア「Predix」はPivotalのソフトウェアがベースである(http://it.impressbm.co.jp/articles/-/12669)。まだ存在感は大きいとはいえないものの、その意味でもPivotal Softwareは注目すべきIT企業の1社になりつつある。

 

関連記事

米GEをパートナーにIoTに注力する~米PivotalがCEOの交代を発表米EMCの子会社である米Pivotal SoftwareはCEOの交代を発表。同時にPaaS関連の収入が1億ドルを超える見通しであることを発表した。日本での存在感はまだ小さいものの、米General Eletricが10%出資することなどを考え合わせ、注目すべきIT企業の1社である。

PAGE TOP