システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

アクセンチュア、SAPの最新ERP「S/4HANA」の導入支援サービスを開始

2015年8月31日(月)IT Leaders編集部

アクセンチュアは2015年8月28日、独SAP製のERPソフトウェア「SAP S/4HANA」の導入支援サービスを開始すると発表した。インメモリーデータベースを核にするアプリケーション基盤「SAP HANA」上に導入し、予測型の経営モデルの構築を支援する。

 「SAP S/4HANA」の導入支援サービスは、独SAP製のアプリケーション基盤「SAP HANA」上で動作するERP(Enterprise Resource Planning)ソフトウェアである「SAP S/4HANA」の構築を支援するもの。システムや業務の運用/保守までに対応することで、既存ERPからの安定的かつスムーズな移行を可能にする。

 移行に止まらず、SAP HANAのインメモリー処理の高速性を生かし、大量データの分析に基づく予測型経営モデルや、新しい対顧客サービスを作り出すための経営基盤の構築までを支援する。

 マネージド型クラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」などを使うことで、クラウドによるサービスも提供する。クラウド版では、SAP S/4HANA導入の初期投資をおさえながら、新しいテクノロジーを常に利用可能なIT基盤を整備する。

 アクセンチュアは、SAP HANA関連の認定コンサルタント資格の取得数が、国内のSAPパートナー企業の中で最も多い。専門性を持つ人材が、全世界の専門家と協業しながら、サービスを提供するとしている。

関連記事

アクセンチュア、SAPの最新ERP「S/4HANA」の導入支援サービスを開始アクセンチュアは2015年8月28日、独SAP製のERPソフトウェア「SAP S/4HANA」の導入支援サービスを開始すると発表した。インメモリーデータベースを核にするアプリケーション基盤「SAP HANA」上に導入し、予測型の経営モデルの構築を支援する。

PAGE TOP