[ザ・プロジェクト]

老舗文具店、銀座・伊東屋が仕掛ける「新しい買い物体験」とは何か?

2015年9月7日(月)田口 潤(IT Leaders編集部)

顧客が好きなときに好きな方法で、商品情報を得たり買い物をしたりできるうえ、決済や配送方法も自由に選択できる−−。ネット上のオンラインショッピングではごく普通のことだが、実店舗にこれを応用すればどうか?老舗文具店の銀座・伊東屋が挑んでいる。

 「実店舗とeコマースは対立関係と言われるが、そうではありません。実店舗におけるIT活用が遅れているのが問題です。それを加速し、実店舗における新しい買い物体験をITで実現したいと考えています」−−。

 日本人の多くが知る老舗の文具店、銀座・伊東屋の松井幹雄 執行役員企画開発本部長は、同社が今、挑んでいるITを活用した実店舗のイノベーションについて、こう語る。ビジネスシステムイニシアティブ協会が2015年8月27日に開催したカンファレンスで明らかにした。

写真1:立地条件は東京・銀座で申し分ない。ただし縦長であり、来店客に各フロアをどう回遊してもらうかが課題。カフェなどを上層階に設けたのは、その一環写真1:立地条件は東京・銀座で申し分ない。ただし縦長であり、来店客に各フロアをどう回遊してもらうかが課題。カフェなどを上層階に設けたのは、その一環
拡大画像表示

 松井氏は、目指す店舗のビジョンとして(1)想像を超えた発見がある、(2)気持ちを切り替えられる、(3)すべてが自然に流れ心地よいひとときを過ごせる、の3つを掲げる。「2015年6月にリニューアルしたばかりの新本店『G.Itoya』は縦長の12階建て(写真1)。物販が8フロアが占め、ほかにカフェ、野菜工場、ラウンジ、多目的ホールが各1フロアあります。この店に新たな仕組みを導入します」。

 上記3点を実現する前提が、実店舗の良さと不便さの分析である。松井氏によると、次のようになる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】スマホアプリならレジに並ばずオンライン決済も可能
  • 1
  • 2
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

老舗文具店、銀座・伊東屋が仕掛ける「新しい買い物体験」とは何か?顧客が好きなときに好きな方法で、商品情報を得たり買い物をしたりできるうえ、決済や配送方法も自由に選択できる−−。ネット上のオンラインショッピングではごく普通のことだが、実店舗にこれを応用すればどうか?老舗文具店の銀座・伊東屋が挑んでいる。

PAGE TOP