開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

アクロクエストテクノロジー、Javaアプリケーションの性能管理サービスを開始

2015年9月29日(火)IT Leaders編集部

システムコンサルティングを手がけるアクロクエストテクノロジーは2015年9月28日、アプリケーションの性能管理(APM:Application Performance Management)のOSS(Open Source Software)である「ENdoSnipe 6.0」をリリースすると同時に、同ソフトウェアのSaaS(Software as a Service)である「ENdoSnipe as a Service(EaaS)」を開始すると発表した。

 「ENdoSnipe as a Service(EaaS)」は、APM(Application Performance Management:アプリケーションの性能管理)のためのSaaS(Software as a Service)。「Performance Doctor」機能を使ったプログラム診断やSQL診断により、アプリケーションの障害を即時に可視化し、オンライン上で性能管理情報を把握できる。

 機能試験では、ソフトウェア性能試験の前に問題を検出できるため、工数を削減できる。性能負荷試験では、性能要件の達成と安定動作を確認できる。運用環境でのレスポンスの悪化やリソースの異常な消費をリアルタイムに監視できるほか、そこで発見した現象を、Performance Doctorを使用してトラブルシュートできる。

 システムやアプリケーションの状況は、ダッシュボードで可視化する。機能ごとの処理回数や処理時間を表示する。リソース使用量に対するしきい値判定や、しきい値監視をダッシュボードに組み込める。長期間のリソース使用状況の変化は、Excel形式のレポートとして出力する。処理フローはシーケンス図として視覚化する。

 EaaSの料金は、性能情報保存期間が2週間までで、対象エージェント数が2までの「エントリー」が年額28万円、同1カ月まで、8エージェントまでの「スタンダード」が年額48万円、「スタンダード」に加え、統合ダッシュボードを提供する「プレミアム」が年額72万円。性能情報保存期間を限ることで、安価にしているという。期間は延長ができる。オプションで、利用方法のアドバイスやサポートサービス(無料)、活用トレーニングセミナー(有料)を用意する。

関連記事

アクロクエストテクノロジー、Javaアプリケーションの性能管理サービスを開始システムコンサルティングを手がけるアクロクエストテクノロジーは2015年9月28日、アプリケーションの性能管理(APM:Application Performance Management)のOSS(Open Source Software)である「ENdoSnipe 6.0」をリリースすると同時に、同ソフトウェアのSaaS(Software as a Service)である「ENdoSnipe as a Service(EaaS)」を開始すると発表した。

PAGE TOP