[イベントレポート]

インタークラウド提供に向けて、サービスプロバイダーの準備着々

エクイニクス ジャパン・ピアリング・フォーラム2015

2015年11月2日(月)鈴木 恭子

「GO CONNECT!」――IoT(Internet of Things) やモバイルの急速な普及で増大するネットワークトラフィックを高速・安全・コストパフォーマンスよく処理するうえで、インターコネクト(相互接続)の役割がいっそう重要になる。今年の「ジャパン・ピアリング・フォーラム2015」では、GO CONNECT!をテーマに、企業の最新かつ高度なニーズに応えるべく、インターコネクト、さらにはインタークラウドの提供に向かうサービスプロバイダー各社が、ピアリング(Peering:相互接続)の技術トレンドやそれぞれの取り組みを語った。

「使命はグローバルでビジネスをつなぐこと」

 2015年8月25日に都内で開かれたピアリング・フォーラムは、インターネットエクスチェンジ(IX)/データセンターサービス事業者の米エクイニクス(Equinix)がグローバルで展開するインターネットネットワークをメインとしたコンファレンスだ。日本開催でのホスト役をエクイニクス・ジャパンが毎年務めている。

写真1:エクイニクス・ジャパン代表取締役/エクイニクス 北アジア統括の古田敬氏

 同社代表取締役でエクイニクス 北アジア統括の古田敬氏(写真1)は、今年のテーマである「GO CONNECT!」の意味について、「原点回帰の意志を込めた」と説明。「我々の強みはインターコネクトだが、日本ではその効果が見落とされがちだ。IoTやビッグデータは、ネットワーク上で異なる機能が相互接続される。我々はそうしたインターコネクション時代をどのように支えられるか、命題として考えていきたい」と語った。

 エクイニクスと言えば、2015年9月8日に東京都品川区に本社を置くデータセンターサービス事業者のビットアイルに対して株式公開買付け(TOB)を実施すると発表して話題を呼んだ。現在、同社は世界100カ所以上にデータセンターを所有し、5大陸15カ国33都市でグローバルにサービスを展開している。世界のティア1キャリアやネットワーク、ISPにアクセスが可能であり、インターコネクション数は16万を超える。実際、世界のインターネットルートの90%超が同社のインターネットエクスチェンジ(IX)を通過しているという(図1)。

図1:エクイニクスが提供しているインターコネクトサービス(出典:エクイニクス・ジャパン)

クラウドはIT部門とSIerのあり方を変革する

 コンファレンスの開幕が宣言された後、グローバル市場にチャレンジする企業として、サイボウズ代表取締役社長の青野慶久氏(写真2)が登壇。「国産PaaSのグローバルチャレンジ」と題した講演を行った。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】グローバルビジネスのスピードを追求した「kintone」
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
関連キーワード

Equinix / データセンター

関連記事

インタークラウド提供に向けて、サービスプロバイダーの準備着々「GO CONNECT!」――IoT(Internet of Things) やモバイルの急速な普及で増大するネットワークトラフィックを高速・安全・コストパフォーマンスよく処理するうえで、インターコネクト(相互接続)の役割がいっそう重要になる。今年の「ジャパン・ピアリング・フォーラム2015」では、GO CONNECT!をテーマに、企業の最新かつ高度なニーズに応えるべく、インターコネクト、さらにはインタークラウドの提供に向かうサービスプロバイダー各社が、ピアリング(Peering:相互接続)の技術トレンドやそれぞれの取り組みを語った。

PAGE TOP