[新製品・サービス]

富士通、産婦人科向けの電子カルテシステムを発売

2015年11月12日(木)IT Leaders編集部

富士通は2015年11月11日、産婦人科専用の電子カルテシステム「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE EGMAIN-RX for Maternity」を発売した。産婦人科で必要になる情報を一元的に管理・運用し、妊婦のケアを支援する。提供開始は2015年12月中旬の予定。

 「HOPE EGMAIN-RX for Maternity」は、リストから項目を選択することで、妊婦健診、分娩、新生児の経過、不妊治療などの産婦人科特有の情報を容易に入力できるようにする。超音波診断装置や分娩監視装置との連携機能により、超音波診断画像・動画・測定値の取り込みや、1つの画面上での電子カルテと分娩監視装置の波形情報の同時参照が可能となる。

 妊婦健診記録画面では、胎児のエコー画像や健診結果などのシステムに入力された情報を、1画面に時系列で表示し胎児発育曲線を自動作成できる。院内の1カ月の分娩予定をカレンダー形式でまとめて表示する分娩予定日カレンダー機能も装備している。

 同システムに登録されている妊婦の健診結果や主治医コメント、胎児のエコー画像などから、それらの情報をまとめた妊婦健診説明カードや、妊婦ごとの出産予定日までのイベントが記載された妊娠カレンダーを自動作成できる。

 同システムに入力された情報を所定のフォーマットに自動的に転記することで、紹介状、返書、分娩経過報告書、出生証明書などを作成できる。院内での分娩記録をまとめた分娩台帳も出力可能なため、医療機関の書類作成業務負荷を軽減できる。入院、分娩時の記録や出産件数などのデータ統計機能もあり、学会での報告用の情報や、Webサイトに掲載する妊婦への参考情報なども容易に作成できる。

 HOPE EGMAIN-RX for Maternityの価格は、新規導入の最小機器構成の場合で、620万円(税別)から。別途、導入および操作指導の費用、他システム、画像診断機器との接続費用、医事会計システム導入費用や、医療改定対応などを含むサービス費用(月額)が必要。

関連キーワード

電子カルテ

関連記事

富士通、産婦人科向けの電子カルテシステムを発売富士通は2015年11月11日、産婦人科専用の電子カルテシステム「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE EGMAIN-RX for Maternity」を発売した。産婦人科で必要になる情報を一元的に管理・運用し、妊婦のケアを支援する。提供開始は2015年12月中旬の予定。

PAGE TOP