CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ]

止まらぬクラウドの進化、AWSとOpenStackが牽引役に

2015年12月21日(月)大和 敏彦(ITi代表取締役)

クラウドの進化が続いている。パブリッククラウドでは、AWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azureのビジネスが好調で、様々な機能拡張がなされている。一方、プライベートクラウドでは、OSS(Open Source Software)の「Openstack」の存在感が高まっている。これらの話題を基に、クラウドの今とこれからを考えてみたい。

 クラウドサービス事業者の2015年第2四半期の業績が発表された。それらによれば、米AmazonのAWS(Amazon Web Services)の売上高は18億ドルとなり前年比で86%の成長を見せた。米Microsoftのクラウド事業全体の売上高は59億ドルで、Azure事業は前年の倍だという。米IBMのSoftlayerも70%以上の成長と発表されている。

 また2015年10月27日から30日にかけては、クラウド構築用のOSS(Open Source Software)の国際会議「Openstack Summit 2015」が日本で初めて開催された。同SummitはOpenStackコミュニティにとって重要な意味を持ち、今回は、よりエンタープライズのニーズへの対応が強調された。

寡占化が進むパブリッククラウド

 AWS、Microsoft、IBMのトップ3社の好調な業績からは、クラウドの需要の増大がうかがえる。その一方で、米HPの「HP Helion Public Cloud」のように、パブリッククラウド事業から撤退をする動きも出てきている。米調査会社のStatistaの調べによれば、2015年上半期の米国におけるIaaS市場のシェアは、AWSが27.2%、Microsoftが16.2%、IBMが11.8%であり、3社で55.2%を占める。4位は米Google社の3.6%だから、トップ3社による寡占化が進んでいることになる。

 日本のパブリッククラウド市場では、IaaSとPaaS(Platform as a Service)を合わせた利用率の上位は、1位のAWS(41.4%)以下、Azure(18.7%)、Google Cloud Platform(12.7%)、NTTコミュニケーションズCloud n(10.8%)、富士通Cloud IaaS Trusted Public S5(9.2%)が続く(MM総研調べ)。ここには、IBMのSoftlayerがランクインしていないが、2014年12月に東京データセンターを開設し追い上げを図っている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】IoTの一連の処理を可能にするAWSのサービス群
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ一覧へ
関連記事

止まらぬクラウドの進化、AWSとOpenStackが牽引役にクラウドの進化が続いている。パブリッククラウドでは、AWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azureのビジネスが好調で、様々な機能拡張がなされている。一方、プライベートクラウドでは、OSS(Open Source Software)の「Openstack」の存在感が高まっている。これらの話題を基に、クラウドの今とこれからを考えてみたい。

PAGE TOP