[新製品・サービス]

ハイパーバイザー活用しセンター運用を効率化―ネットワールドが提供

2015年12月21日(月)IT Leaders編集部

ネットワールドは2015年12月18日、仮想化データセンターの設計、展開、運用を包括的に支援する、米PernixDataのソフトウェア基盤「PernixData Architect」の出荷を開始した。ハイパーバイザーの情報を活用してデータセンターの運用を効率化する。加えて、仮想化データセンターのアセスメントサービスなども提供する。

 「PernixData Architect」は、仮想化データセンターの問題に対する先を見越した対応や、問題解決のコスト削減を可能にし、設計、展開、運用など、データセンターの包括的なライフサイクル管理の最適化を支援する。そのために、アプリケーションと仮想化インフラの中間に位置するハイパーバイザーの情報を活用して、様々な手法でリアルタイムな解析を行う。

 仮想化されたアプリケーション、インフラ、複数のベンダーのストレージやネットワークなどの情報を関連付けて、ダッシュボードから一元的に管理可能にする。アプリケーションからストレージの詳細まで、データセンター全体を単一ウィンドウで直感的に把握できるうえ、ドリルダウンやピボットテーブルなどを使ったアドホック解析を随時実行しながら、詳細な解析やレポートも行える。

 ネットワールドは、同基盤によるアセスメントサービスも提供する。既存の仮想化アプリケーションおよび仮想化インフラストラクチャーに関する知見と、追加、変更などに関する設計の推奨事項を得られる。

 VMware環境のI/O高速化ツール「PernixData FVP」の導入を検討する際には、ホストリソースやハイブリッドストレージに搭載すべきフラッシュストレージのサイズの予測なども可能。ハイブリッド型を含んだシステム構成も提案する。

 単独パッケージ「Architect Standalone」と、「FVP Standard/Enterprise エディション」とのバンドルパッケージを用意している。PernixData Architect Standalone(1ホスト、2ソケットCPUまで)の価格は、29万400円(税別)になる。
 

関連記事

ハイパーバイザー活用しセンター運用を効率化―ネットワールドが提供ネットワールドは2015年12月18日、仮想化データセンターの設計、展開、運用を包括的に支援する、米PernixDataのソフトウェア基盤「PernixData Architect」の出荷を開始した。ハイパーバイザーの情報を活用してデータセンターの運用を効率化する。加えて、仮想化データセンターのアセスメントサービスなども提供する。

PAGE TOP