開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[市場動向]

バージョン管理サービスGitHubが狙う本当の日本市場

2015年12月24日(木)杉田 悟(IT Leaders編集部)

今や、オープンソースソフト(OSS)を一切使っていない企業システムは存在しないといわれている。かつてクローズドなソフトの筆頭と目されていた米Microsofや米Appleでさえも、近年多くのソフトを公開しOSSへの傾倒ぶりを印象付けている。そのOSSを公開するWebサービスとして、MicrosoftやAppleも含む世界中の開発者たちから支持されているのが、「GitHub(ギットハブ)」だ。しかし、GitHubが使われているのは、オープンソースコミュニティだけではない。実はこのGitHub、クローズドな企業システムの開発にも多く利用されているのだという。

 GitHubを語る上で欠かせないのが、バージョン管理システム「Git(ギット)」の存在だ。Gitは、LinuxOSの開発プロジェクト用に開発された分散型のバージョン管理システム。バージョン管理とは、ソフトウェアに加えられた変更を記録していくことで、これを使うことで変更前の特定のバージョンを呼び出すことができる。

 分散型のバージョン管理システムは、コミュニティ参加者がそれぞれのクライアントにリポジトリ(保管場所)を持つため、障害などが起こっても履歴が失われることはなく、プロジェクトを継続できるというメリットがある。それが多くの技術者たちに支持され、世界中のオープンソースプロジェクトで利用されるようになった。

 そのGitをベースに、ソフトウェア開発プロジェクトを管理するための様々な機能を搭載した環境をWebサービスとして提供するのがGitHubだ。GitHubにはソフト開発をスムーズに進めるための機能が多く搭載されているが、特徴的なのが、SNSとして利用できることだ。コメント機能が付いており、開発者同士のコミュニケーションを取ることができる。

 また、GitHubの代表的な機能として「Pull Request(プルリクエスト)」がある。分散型開発を進められるGitHubでは、開発者がそれぞれにリポジトリをローカルに保管できる。プルリクエストは、開発者がローカルリポジトリで加えた変更を他の開発者に通知する機能だ。プルリクエストは一覧で確認できるため、レビュー担当者とコメントしながらブラッシュアップしていく作業が可能となる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】AppleのSwiftもオープンソース化
  • 1
  • 2
関連記事

バージョン管理サービスGitHubが狙う本当の日本市場今や、オープンソースソフト(OSS)を一切使っていない企業システムは存在しないといわれている。かつてクローズドなソフトの筆頭と目されていた米Microsofや米Appleでさえも、近年多くのソフトを公開しOSSへの傾倒ぶりを印象付けている。そのOSSを公開するWebサービスとして、MicrosoftやAppleも含む世界中の開発者たちから支持されているのが、「GitHub(ギットハブ)」だ。しかし、GitHubが使われているのは、オープンソースコミュニティだけではない。実はこのGitHub、クローズドな企業システムの開発にも多く利用されているのだという。

PAGE TOP