[新製品・サービス]

ネットワークの運用・保守を自動化―富士通がサービス提供

2016年2月25日(木)IT Leaders編集部

富士通は2016年2月24日、ネットワークシステムの運用、保守などの業務を自動化するソフトウェア「FUJITSU Network Virtuora SP」を発売した。迅速なネットワークサービスの提供と、運用コストの削減を可能にする。

 「Virtuora SP」は、ネットワークシステムの運用、保守などの業務に関するノウハウをシナリオ化し、業務を自動化することで、サービス提供開始までの期間の短縮と運用コストの削減を図る。富士通は、SDN(Software-Defined Networking)技術により、ネットワークサービス提供の迅速化を支援し、「Virtuora SP」などのネットワークDevOps(開発と運用の融合)製品を提供することで、ネットワークサービスのライフサイクルを包括的に支援する。

 運用、保守の業務内容をポリシー(ノウハウをシナリオ化したもの)として定義する「Policy Design Tool」と、定義したポリシーにスケジュールを設定し様々な業務を自動化することによりネットワークシステムの運用、保守業務を容易にする「Policy Engine」で構成される。

 Policy Design Toolを使うと、BPMN(Business Process Model and Notation)標準のフローチャート形式でグラフィカルに簡単にワークフローを作成し、ポリシーとして定義できる。ポリシーのカスタマイズやチューニングも容易かつ迅速に行える。

 ネットワーク機器の制御インターフェースとして、標準的に使用されているSSH/SCPおよびREST(Representational State Transfer)を採用した。多様なネットワーク機器の状態やポート単位のトラフィック流量などを収集・分析し、ネットワーク回線の切り替えなどの制御が行える。

 シミュレーター機能も備えており、実際の制御対象機器やシステムの用意が難しい場合でも、作成したワークフローの擬似環境で検証ができる。

 ネットワークに障害が発生した場合に備えて、ポリシーとして、現用系ネットワーク回線から待機系ネットワーク回線への切り替えや、障害復旧後の切り戻し作業を定義しておくことで、自動化ができる。切り戻す時間を通信データ量の少ない夜中に設定したり、ネットワークを切り替えても問題のないデータ量の値に閾値を設定することも可能なため、専任者の業務の自動化を図れる。

 FUJITSU Network Virtuora SPの価格は、472万円(税別)から。2018年度までに40億円の売上を目標にする。

 

関連記事

ネットワークの運用・保守を自動化―富士通がサービス提供富士通は2016年2月24日、ネットワークシステムの運用、保守などの業務を自動化するソフトウェア「FUJITSU Network Virtuora SP」を発売した。迅速なネットワークサービスの提供と、運用コストの削減を可能にする。

PAGE TOP