[クラウド分解辞典−Microsoft Azureの実像に迫る]

Microsoft Azureをより良く知るための基礎知識【第1回】

2016年5月9日(月)正木 佑典(アバナード クラウドマーケットユニット マネージャー)

「Microsoft Azure」(以下、Azure)は米Microsoftが開発し提供するクラウドサービスである。これまで、WindowsやWindows Serverなどオンプレミスで利用するOSやミドルウェアを開発してきたMicrosoftも今や「モバイルファースト」「クラウドファースト」の方針を掲げており、Azureはその戦略の中核をなしている。本連載では、Azureの全体像に迫っていく。第1回は、Azureの概要を紹介する。

 「Microsoft Azure」(以下、Azure)は、米Microsoftが各種の企業向け製品の開発・販売で得た経験やノウハウを元に開発されたクラウドサービスである。2008年10月の同社デベロッパーカンファレンスで発表され、2010年10 月に「Windows Azure」としてサービス提供を開始した。当時は、WebロールやSQL AzureなどPaaS(Platform as a Service)としてのサービスをだけを提供していた。

 その後、仮想マシンや仮想ネットワークなどのIaaS(Infrastructure as a Service)サービスの提供を開始し、2014年にはサービス名称を「Microsoft Azure」に変更した。2015年12月には管理ポータルを新しいポータル画面に変更すると同時に、クラウドOSの基盤を第一世代の「ASM(Azure Service Manager)」から第2世代になる「ARM(Azure Resource Manager)」に変更している。

 Azureの大きな特徴の1つが、企業が利用することを前提に考えられているクラウドサービスだということだ。課金体系や、請求方法、既存システムとの連携やセキュリティなどで、企業としての使い勝手が高い。結果、2016年3月末時点で「Fortune 500企業」の66%が利用している。

 企業利用を前提とした取り組みの一例が、リージョン(複数のデータセンターで構成されるサービス提供の単位)の展開方針である。Azureでは、全世界にサービスを提供しつつ各地のニーズに対応するため、世界中に22カ所(2015年12月時点)のリージョンを展開し、さらに6カ所の新リージョンの展開を発表済みだ。日本国内にも2つのリージョン(東日本と西日本)を展開しており、日本国内のみで災害対策サイトを構築できる(図1)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】企業が必要とするシステム環境・要件を備える
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
クラウド分解辞典−Microsoft Azureの実像に迫る一覧へ
関連記事

Microsoft Azureをより良く知るための基礎知識【第1回】「Microsoft Azure」(以下、Azure)は米Microsoftが開発し提供するクラウドサービスである。これまで、WindowsやWindows Serverなどオンプレミスで利用するOSやミドルウェアを開発してきたMicrosoftも今や「モバイルファースト」「クラウドファースト」の方針を掲げており、Azureはその戦略の中核をなしている。本連載では、Azureの全体像に迫っていく。第1回は、Azureの概要を紹介する。

PAGE TOP