[クラウド分解辞典−Microsoft Azureの実像に迫る]

Microsoft AzureにおけるIoT関連サービスの概要【第11回】

2017年4月26日(水)村上 愼一(アバナード クラウド事業統括)

米Microsoftが開発し提供するクラウドサービスである「Microsoft Azure」(以下、Azure)の全体像に迫る本連載。前回は、音声認識などのユーザーエクスペリエンスを提供する「Azure Cognitive Service」を紹介した。今回は、Cognitive Serviceや機械学習の「Machine Learning」と関係が深い「Azure IoT」について解説する。

 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)は、「様々なモノがインターネットに接続され情報をやり取りするもの」などと表現されている。だが実際のビジネスシーンでは、もう少し具体的な活用が進んでいる。センサーデバイスを車や家電、ガスや電気、水道の計器などに仕込み、それらをインターネットに接続してデータを収集するなどだ。収集した大量のデータはデータセンターで処理・分析し、その結果をビジネス上で色々に活用する。

 ここで重要なのが、IoTにおいては、数万、場合によっては数億のセンサーデバイスからデータをリアルタイムにインターネット上で収集する必要があることだ。収集したデータは、テラバイトあるいはペタバイトの規模になる。インターネットへの接続を前提にすれば、インターネットセキュリティに耐性の高いプラットフォームを利用しなければならない。これらIoTの特性がパブリッククラウドサービスの利用を必要としている。

IoT関連サービスに加えセンサーデバイスの認証も

 パブリッククラウドである「Microsoft Azure」は、そうしたIoTを実装するのに必要な要素サービス群として「Azure IoT」を提供している。これらのサービスを組み合わせることで、数十億のセンサーデバイスを監視し、データを収集できるIoTシステムを構築できる。

 Azure IoTが提供する主なサービスを表1に示す。これ以外にも、第9回で紹介した「Azure Machine Learning」などと連携することで、より精度の高い予測が可能になる。またIoTで収集・分析したデータの可視化においては「Microsoft Power BI」との連携機能も強化されている。

表1:Microsoft AzureがIoT関連に向けて提供するサービス表1:Microsoft AzureがIoT関連に向けて提供するサービス
拡大画像表示

 ところで実際にIoTシステムを構築するにはまず、データの蓄積・分析のためのバックエンドシステムだけでなく、データを吸い上げるためのセンサーデバイスが必要になる。Azure IoTに接続できるセンサーデバイスとしては、メッセージングの標準プロトコル「AMQP(Advanced Message Queuing Protocol)」などをサポートしていれば良い。だからといって自分でセンサーデバイスを作ったり探したりするのも大変だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】テンプレートを提供する「Azure IoT Suite」
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
クラウド分解辞典−Microsoft Azureの実像に迫る一覧へ
関連記事

Special

-PR-

Microsoft AzureにおけるIoT関連サービスの概要【第11回】米Microsoftが開発し提供するクラウドサービスである「Microsoft Azure」(以下、Azure)の全体像に迫る本連載。前回は、音声認識などのユーザーエクスペリエンスを提供する「Azure Cognitive Service」を紹介した。今回は、Cognitive Serviceや機械学習の「Machine Learning」と関係が深い「Azure IoT」について解説する。

PAGE TOP