[クラウド分解辞典−Microsoft Azureの実像に迫る]

Microsoft Cognitive Servicesの概要【第10回】

2017年3月27日(月)萩原 正義

米Microsoftが開発し提供するクラウドサービスである「Microsoft Azure」(以下、Azure)の全体像に迫る本連載。前回はクラウドならではのサービスの代表格である機械学習(Machine Learning:ML)について解説した。今回は、音声認識などのユーザーエクスペリエンスを提供する「Microsoft Cognitive Services」と、深層学習(ディープラーニング)のフレームワークである「The Microsoft Cognitive Toolkit」について、その位置づけと利用方法を解説したい。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】Deep Learningのフレームワーク The Microsoft Cognitive Toolkit
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
クラウド分解辞典−Microsoft Azureの実像に迫る一覧へ
関連記事

Special

-PR-

Microsoft Cognitive Servicesの概要【第10回】米Microsoftが開発し提供するクラウドサービスである「Microsoft Azure」(以下、Azure)の全体像に迫る本連載。前回はクラウドならではのサービスの代表格である機械学習(Machine Learning:ML)について解説した。今回は、音声認識などのユーザーエクスペリエンスを提供する「Microsoft Cognitive Services」と、深層学習(ディープラーニング)のフレームワークである「The Microsoft Cognitive Toolkit」について、その位置づけと利用方法を解説したい。

PAGE TOP