[新製品・サービス]

サイオス、Azure上でのOSSによる情報システム構築を支援

2016年5月25日(水)IT Leaders編集部

サイオステクノロジー(サイオス)は2016年5月23日、OSS(Open Source Software)を利用したシステムインテグレーションサービス「OSSワンストップソリューション」の新メニューとして、クラウド環境に特化した「OSS on CLOUD インテグレーションサービス」を発表し、基盤導入を支援する「Red Hat Enterprise Linux on Azure導入サービス」の提供を開始した。

 「OSS on CLOUD インテグレーションサービス」では、企業の情報システムに対して、様々なOSS(Open Source Software)とMicrosoft AzureのIaaS(Infrastructure as a Service)、PaaS(Platform as a Service)環境の導入を支援する。

 具体的には、クラウドプラットフォームとしてAzure、OSとしてRed Hat Enterprise Linuxを標準構成として採用し、ユーザーのシステムに求められる技術検証の支援から設計/構築、基本的な監視や運用支援サービスまでを一貫して提供する。これにより、拡張性/柔軟性の高いシステム、迅速なサービスの立ち上げを支援する。

 OSS on CLOUD インテグレーションサービスの価格は、利用するOSSやIaaS、PaaS環境によって個別見積もりになる。運用基盤のベースとなるAzure上のRed Hat Enterprise Linuxおよび運用環境のセットアップを含む初期費用が10万円からで、基本的な監視機能やスナップショットの定期取得を含めた運用支援サービスが月額7万円から。

 同サービスの開始と併せて、企業エンジニアに向けたOSS on Azure技術情報サイトを公開し、サイオスエンジニアによる技術情報公開も行うとしている。

関連記事

サイオス、Azure上でのOSSによる情報システム構築を支援サイオステクノロジー(サイオス)は2016年5月23日、OSS(Open Source Software)を利用したシステムインテグレーションサービス「OSSワンストップソリューション」の新メニューとして、クラウド環境に特化した「OSS on CLOUD インテグレーションサービス」を発表し、基盤導入を支援する「Red Hat Enterprise Linux on Azure導入サービス」の提供を開始した。

PAGE TOP