[新製品・サービス]

富士通、ものづくりに特化したAI基盤をコンサルサービスで提供

2016年6月10日(金)IT Leaders編集部

富士通は2016年6月9日、「ものづくり統合支援ソリューション」に、設計・生産現場でAI(Artificial Intelligence:人工知能)技術を活用するためのコンサルティングサービスを追加し、2016年10月から提供すると発表した。設計期間の短縮や生産品質の向上など、AIを活用したものづくりを支援する。

 発表したのは、ものづくり現場にAI(Artificial Intelligence:人工知能)を取り入れるための機能を体系化した「ものづくりAIフレームワーク」を導入するためのコンサルティングサービスだ。

 ものづくりAIフレームワークは、富士通のAI技術「Human Centric AI Zinrai」を採用し、学習データベースやAI処理エンジン、認証サーバーなどで構成するAI活用基盤である。富士通アドバンストテクノロジが開発した。

 コンサルティングサービスでは、設計・生産現場における各種製品やさまざまな業務プロセスごとに学習データベースを構築し、継続的に学習させることでAIを高精度化、ものづくりAIフレームワークの導入を支援する。ユーザーのニーズや製品特性に合わせて、収集するデータの選別や、予測精度向上のためのデータチューニングなどを行う。

 継続して学習していく仕組みを提供することで、例えば、プリント基板の設計期間の短縮や生産ラインの作業効率化も可能になる。具体的には、各種製品や、仕様検討・設計・検証・製造などものづくり現場での多様な業務プロセスごとに高い精度で予測や判断処理ができるように、利用シーンに応じた学習データベースを個々に構築する。

 学習データベースは製品の設計・生産の周期ごとに世代管理し、継続した学習によって予測精度を向上させる。開発中の新製品にもAIを適用でき、安定した運用が可能だ。

 セキュリティについては、利用者認証と通信の暗号化により、学習データベースを保護する。また、標準的なWebAPI群を用意していて、既存システムとの連携も容易だ。例えば、CAD基盤や製造ライン装置などのデータ生成、予測にAIを活用できる。

 コンサルティングサービスの価格は個別見積になる。富士通は2018年度末までに15億円の売上を目標にしている。

関連記事

富士通、ものづくりに特化したAI基盤をコンサルサービスで提供富士通は2016年6月9日、「ものづくり統合支援ソリューション」に、設計・生産現場でAI(Artificial Intelligence:人工知能)技術を活用するためのコンサルティングサービスを追加し、2016年10月から提供すると発表した。設計期間の短縮や生産品質の向上など、AIを活用したものづくりを支援する。

PAGE TOP