[新製品・サービス]

MSYS、データセンターのインフラ構成を簡素化できるレノボの統合システムを発売

2016年6月13日(月)IT Leaders編集部

丸紅情報システムズ(MSYS)は2016年6月10日、中国レノボの法人向けハイパーコンバージド(高度に統合された)システム「Lenovo Converged HX Series」を発売した。データセンターのインフラ構成を簡素化できる。

 「Converged HX Series」は、サーバーとストレージを一体化し、仮想環境を構築できる統合アプライアンスシステムとなっている。信頼性に優れたレノボのハードウェアに米NutanixがOEM供給する分散システム「Acropolis」および一元管理ツール「Prism」を搭載し、ハイパーコンバージド(高度に統合された)サーバーのアプライアンス製品として提供する。

 同システムは、仮想サーバー、仮想デスクトップ、ビッグデータ基盤、データベースなど幅広い用途で活用できる。データセンターでインフラ構成を統合・簡素化し、設置や管理にかかわるコストの削減を図れる。

 MSYSは、丸紅グループのクラウドサービス「Cloudest」を組み合わせて提案する。例えば、ユーザーのオンプレミス環境で運用するConverged HX SeriesとCloudestの仮想レイヤーを組み合わせ、災害時のデータ保護・復旧および、低コストで簡易なバックアップ運用を可能にする。また、米AVAYAのネットワーク仮想化技術を使用してハイパーコンバージドサーバーを一元化し、容易にスケールアウトができるように支援する。

関連記事

MSYS、データセンターのインフラ構成を簡素化できるレノボの統合システムを発売丸紅情報システムズ(MSYS)は2016年6月10日、中国レノボの法人向けハイパーコンバージド(高度に統合された)システム「Lenovo Converged HX Series」を発売した。データセンターのインフラ構成を簡素化できる。

PAGE TOP