[イベントレポート]

「オープンソースこそが未来を拓く」─米Red HatのホワイトハーストCEOが強調

2016年7月12日(火)田口 潤(IT Leaders編集部)

 2016年6月末に開催されたRed Hat Summit2016。OSSベンダーである同社が発表した製品や技術については既報の通りだ(本文中に参照記事リンクあり)。今回はジェネラルセッションにおけるトピックを中心に見ていこう。

 Red Hat Summit 2016のテーマは「The Power of Participation(写真1)」。直訳すれば“参加することのパワー”であり、あまり分かりやすいとは言えない。しかしジム・ホワイトハースト(Jim Whitehurst)CEOは初日冒頭のジェネラルセッションで、意図する意味を歴史を踏まえて明確に示した。

 オープンソースのアプローチというか枠組みを、ソフトウェア開発だけではなく、企業活動のあらゆるシーンに広げようと訴えたのである。最近、よく聞く言葉になった共創(コ・クリエーション)にも通じるストーリーである。そこでまず、同氏の講演内容を要約してみよう(関連記事:会期中に同社が発表した製品や技術については「コンテナ技術に賭ける米Red Hat、企業での実践に向けポートフォリオ拡充」を参照)。

写真1 Summitのテーマは「The Power of Perticipation」
拡大画像表示

 ◇ ◇ ◇

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】変革に挑戦する小売り、米Target
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

「オープンソースこそが未来を拓く」─米Red HatのホワイトハーストCEOが強調 2016年6月末に開催されたRed Hat Summit2016。OSSベンダーである同社が発表した製品や技術については既報の通りだ(本文中に参照記事リンクあり)。今回はジェネラルセッションにおけるトピックを中心に見ていこう。

PAGE TOP