CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[ベテランCIOが語る「私がやってきたこと、そこから学んだこと」]

情報システム部長に就任、四面楚歌の中でIT部門の構造改革を断行

【第5回】

2016年7月20日(水)寺嶋 一郎(元・積水化学工業情報システム部長)

前回は、IT子会社アイザックで、様々なシステム化に取り組み学んだことをお伝えした。今回は、積水化学に呼び戻され情報システム部長に就任して以降の話である。ITバブルの崩壊により会社は危機を迎え、IT部門も構造改革を余儀なくされていた。IT子会社のあり方などについて、何かを読み取っていただければ幸いである。

 IT子会社のアイザックに出向して13年くらいたった頃、2000年を目の前にして「IT革命」と呼ばれる時代が到来した。インターネットの出現により、企業活動はもとより人々のライフスタイルまで、社会全般にわたる構造変革が起きると言われた。eビジネスやeコマースという言葉が飛び交い、「ドットコム企業」と呼ばれる多くのIT関連ベンチャーが設立され、それらの株価は異常に高騰した。

 現在の「デジタル化」という掛け声は、筆者をして当時の状況を思い出させる。「IT革命」という言葉で言われていたことが、インフラが整備されネットワークが高速化し、スマホなど新たなモバイル機器の出現などにより、その実現性がいよいよ高まったわけだ。

情報システム部長としてネット革命に挑む

 当時、積水化学のITは、本社IT部門が機能分社化したIT子会社、SSC(セキスイ・システム・センター)が担っており、その社長が情報システム部長も兼ねていた。ITが脚光を浴びているので、積水化学の経営として、そのままではまずいと思ったのだろう。積水化学本体でITをきちんと考えるべしということで、その舵取り役として筆者に白羽の矢が立った。

 筆者は情報システム部長に就任、2つのIT子会社の役員も兼任した。本社に情報システム部を設置し、まずは3名でスタートした。慣れない本社に戻って、まずやったことは積水化学としてIT革命にどう対応するかを考えることだった。各事業部から有志を募り、米国の実情を調査したりしながら策を練った。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】四面楚歌の中、IT子会社の合併に奮闘
  • 1
  • 2
バックナンバー
ベテランCIOが語る「私がやってきたこと、そこから学んだこと」一覧へ
関連記事

情報システム部長に就任、四面楚歌の中でIT部門の構造改革を断行前回は、IT子会社アイザックで、様々なシステム化に取り組み学んだことをお伝えした。今回は、積水化学に呼び戻され情報システム部長に就任して以降の話である。ITバブルの崩壊により会社は危機を迎え、IT部門も構造改革を余儀なくされていた。IT子会社のあり方などについて、何かを読み取っていただければ幸いである。

PAGE TOP