データセンター データセンター記事一覧へ

[インタビュー]

SDDCやエッジコンピューティングがデータセンターに与えるインパクト

ビクター・アヴェラー氏(シュナイダーエレクトリック データセンターサイエンスセンター ディレクター/シニアリサーチアナリスト)

2016年9月29日(木)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

Software Definedのアプローチをデータセンター全体に適用するSoftware Defined Data Center(SDDC)。コンセプトとして語られた時期を経て、導入に取り組むサービス事業者や一般企業が増え始めている。一方で、IoT(Internet of Things)のメガトレンドから、データ発生源の近くでリアルタイムに処理を行うエッジコンピューティングへの期待も高まっている。こうしたトレンドがデータセンターの設計・構築・運用に与える影響について、シュナイダーエレクトリック データセンターサイエンスセンター ディレクター/シニアリサーチアナリストのビクター・アヴェラー氏に尋ねた。

顧客への正確な情報提供を主目的とする研究分析チーム

――現在、どのような業務に携わっているのですか。

 当社内の1組織であるデータセンターサイエンスセンターの運営だ。データセンターに関するトレンドの研究、調査分析と、そこで得られた洞察をホワイトペーパーやトレードオフツール(製品・技術の検討支援ツール)としてまとめ上げ、これらの成果物を通して、顧客に対する啓蒙活動を行っている。

シュナイダーエレクトリック データセンターサイエンスセンター ディレクター/シニアリサーチアナリストのビクター・アヴェラー氏

――データセンターサイエンスセンターとは、他のベンダーではあまり見かけないユニークな組織ですね。設立の背景を聞かせてください。

 その名称ではなかったが、チーム自体はAPCがシュナイダーエレクトリックに買収される以前からあった。

 1990年頃、我々の主力製品は単層のUPS(無停電電源装置)だった。あるとき、競合会社が技術的に間違った情報を提示して顧客にアプローチしていることを知った。そのことへの我々の対処として、競合が間違って伝えた技術情報を正すことにした。「テックノート」と呼ぶホワイトペーパーを、このチームの設立者の1人であるニール・ラスムセン氏が書き上げた。

 これをきっかけに、我々は電源管理製品だけでなく、データセンターにまつわるさまざまな分野のホワイトペーパーを執筆し、顧客に無料で公開することにした。顧客に対する正確な知識を持ってもらい、そこから正しい判断をしてもらいたいという思いからだ。

――競合の間違った情報がきっかけというのは面白いですね。

 現在、製品開発チームや営業チームからは独立したかたちで、米国に3名、中国に2名の合計5名が、データセンターサイエンスセンターのアナリストとして研究、分析、顧客への情報提供に専任で携わっている。

 データセンターの構築や運用に悩みを持つ顧客に、有用で正しい情報を提供することによって、ビジネスにつなげていく。ホワイトペーパーの発行を重ねるにつれ、このやり方への確信が深まっていった。公開したホワイトペーパーはすでに200を超えていて、初期のものにはアップデートをかけたり、各国版に翻訳したりと、長年にわたって投資を重ねてきている(図1)。

図1:データセンターサイエンスセンターでは200以上のホワイトペーパーを発行し無料で公開している
関連キーワード

Schneider Electric / データセンター / SDI / SDDC / エッジコンピューティング

関連記事

SDDCやエッジコンピューティングがデータセンターに与えるインパクトSoftware Definedのアプローチをデータセンター全体に適用するSoftware Defined Data Center(SDDC)。コンセプトとして語られた時期を経て、導入に取り組むサービス事業者や一般企業が増え始めている。一方で、IoT(Internet of Things)のメガトレンドから、データ発生源の近くでリアルタイムに処理を行うエッジコンピューティングへの期待も高まっている。こうしたトレンドがデータセンターの設計・構築・運用に与える影響について、シュナイダーエレクトリック データセンターサイエンスセンター ディレクター/シニアリサーチアナリストのビクター・アヴェラー氏に尋ねた。

PAGE TOP