CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[ザ・プロジェクト]

情報の共有から始まった“住まい手”重視の一気通貫システム

「攻めのIT経営銘柄 2016」選定企業のIT戦略―積水ハウス

2016年10月12日(水)佃 均(IT産業アナリスト)

積水ハウスが先に発表した2017年1月期通期業績予想は、売上高2兆円(前年度比7.6%増)、営業利益1750億円(同16.9%、営業利益率8.75%)。5年間で売上高は5000億円、営業利益は倍増と好調が続いている。快進撃の要因は様ざまだが、それを支えるのは営業からアフターサービスまでCADを中心とした様々なデータを共有する“住まい手”重視のIT基盤だ。

 建設業界でただ1社、2年連続で「攻めのIT経営銘柄」に選定された評価対象は、「邸情報一気通貫システム」だ。受注した個々の建造物について、CADを中心とした様ざまな情報を、営業から設計、生産、輸送、施工、アフターメンテナンスまで一気通貫で共有する。執行役員・技術業務部長の雨宮豊氏は「それによって業務の生産性向上による工期短縮とコスト削減が実現しました。顧客満足も向上し、建築現場の仕事の仕方も変わりつつあります」と説明する。

(図1)邸情報一気通貫システムの流れ(出所:2017年1月期中間業績の説明資料)
拡大画像表示

 最初に「邸情報一気通貫システム」プロジェクトのプロセスを整理しておくと、発端は独自の住宅設計用CADシステム「SIDECS」(シーデックス)の運用が始まった2000年にさかのぼる。2010年にCADデータ(邸情報)を全社で共有する邸情報戦略プロジェクトがスタートし、2013年のiPad導入で営業・施工の現場に展開、2014年に当初計画されていた基幹システムの構築を確認してプロジェクトは一旦終了した。

会見でトップがITを語る時代

「現場で何が起こっているか、だんだん見えるようになってきた」と阿部俊則社長は語る(2017年1月期中間業績発表会で)

 9月9日、東京・霞ヶ関で行われた2017年1月期中間業績の記者会見。ここでも阿部俊則社長が「邸情報一気通貫システム」に触れ、「これからもITの利活用に積極的に取り組んでまいりたい」と力を込めた。業績発表会でノンIT企業の経営トップがITを語る。そういう時代になったということだ。

 経営におけるITの成果を尋ねると、即座に返ってきたのは「いちばん大きいのは、現場で何が起こっているかが見えるようになってきたこと」だった。「もう一つは、全社に“住まい手指向”が定着したこと」とも言う。つまり経営の見える化と顧客満足の向上だ。ITの効用に確とした指針を持つ経営トップ、その下でIT戦略を担うリーダーは、さぞかし大きなプレッシャーを感じているのではあるまいか。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】経営直結だが現場中心が原則
  • 1
  • 2
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

情報の共有から始まった“住まい手”重視の一気通貫システム積水ハウスが先に発表した2017年1月期通期業績予想は、売上高2兆円(前年度比7.6%増)、営業利益1750億円(同16.9%、営業利益率8.75%)。5年間で売上高は5000億円、営業利益は倍増と好調が続いている。快進撃の要因は様ざまだが、それを支えるのは営業からアフターサービスまでCADを中心とした様々なデータを共有する“住まい手”重視のIT基盤だ。

PAGE TOP