[市場動向]

クライアントから大規模データセンターまで多様なニーズに応える製品群を展開

【Dell Technologiesの研究:パート2】製品ポートフォリオ

2016年11月11日(金)川上 潤司(IT Leaders編集部)

PCやサーバー、ストレージ、ネットワーク…。Dell Technologiesが市場に提供する製品は実に多彩だ。ユーザーの用途や規模、あるいはインフラとしての拡張性や管理性などに照らし、あらゆるニーズに応えていこうとの姿勢が貫かれている。本パートでは、ポートフォリオの全体像と、主要領域の製品概要を見る。

 Dell Technologiesの正式な発足に伴い、今後は市場や事業分野ごとに複数のブランドを展開する。クライアント関連事業は「Dell」、インフラソリューション事業は「Dell EMC」として運営し、企業向けサービスを提供する「サービスグループ」もDell EMCブランドを使用する。Dell EMCの中には、Virtustream、RSAの両ブランドも抱える。これら以外に、Pivotal、SecureWorks、VMwareは独立ブランドに位置付けている(図1)。

図1 新生Dell Technologiesの事業別ブランド

 製品ポートフォリオはピラミッド型となる。Dell EMCのサーバーやストレージなどでベースとなるIT基盤を整備。また、VMwareの技術で、プライベートクラウド/ハイブリッドクラウドの構築・運用を支援する。クラウドネイティブなアプリケーションの開発や実行においては、PivotalやVirtustreamのテクノロジーを活用する。インフラ全体に関わるセキュリティはRSAとSecure-Worksが担い、オフィス環境やワークスタイルの変革においては「Dell」のクライアント事業が推し進めるというのが基本的な構図だ(図2)。

図2 Dell Tecnologiesが提供するテクノロジー領域

 以降、PC、ネットワーク、サーバー、ストレージなど幅広い製品群それぞれの概要を見ていく(図3)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ネットワーク機器も汎用ハード+機能別ソフトで
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

クライアントから大規模データセンターまで多様なニーズに応える製品群を展開PCやサーバー、ストレージ、ネットワーク…。Dell Technologiesが市場に提供する製品は実に多彩だ。ユーザーの用途や規模、あるいはインフラとしての拡張性や管理性などに照らし、あらゆるニーズに応えていこうとの姿勢が貫かれている。本パートでは、ポートフォリオの全体像と、主要領域の製品概要を見る。

PAGE TOP