[インタビュー]

「モデルベースとデータドリブンの徹底が製造業の未来を拓く」──ダッソー幹部

2016年12月2日(金)川上 潤司(IT Leaders編集部)

モノづくりから事づくりへ、プロダクトからサービスへ──。様々な表現で製造業が進むべき進路が語られる。この業界に向けた様々なソリューションを展開しているダッソー・システムズは今、どのようなメッセージを投げかけているのか。来日したエリック・グリーン氏(Vice President, User Experience and Marketing)に話を聞いた。

 デジタルテクノロジーの進展によって、企業間の競争軸が大きく変わろうとしている。それは製造業においても同様で、ただモノを作って市場に提供するだけの企業は存在感を示すことができなくなってきているのが昨今の状況だ。

ダッソー・システムズのエリック・グリーン氏(Vice President, User Experience and Marketing)

 自動車ひとつとっても、A地点からB地点への移動手段としてとらえるのではなく、搭乗者を取り巻く空間として、いかに快適かつ豊かな体験を提供するかが、これから考えるべき付加価値であるし、顧客もそのような評価尺度を持って選択するようになるだろう。感動を伴うようなユーザー体験を基軸にして市場が活性化していく動き、いわば“Experience Economy”(体験経済)が確実に回り始めているのである。だからこそ、製品を企画し、設計に落とし込み、実際に製造し、市場にデリバリーするという一連の業務のあり方を、時代に合わせて見直し、再定義することが欠かせない。

 製造業を支える各種ソリューションを提供している当社がユーザーに変革を促してきた歴史を振り返って見ると、まずは設計業務に3D CADを持ち込むことから始まった。それはやがて3Dのデジタルモックアップへと進化し、設計段階でのシミュレーションなど業務の生産性や品質を高めることへとつながった。もっとも、それはまだ大量生産を前提に、設計者や製品エンジニアなど一部の実務担当者を支援する域にとどまっていた。

 モノが市場に潤沢に供給されるようになったのに伴い、消費者の嗜好が多様化し、厳しい選択眼を持つようになったのは皆さんがご承知の通り。多品種少量生産や製品寿命の短期化の傾向が強まり、一方では安全性の確保といった課題にも対峙しながら、消費者起点でのモノづくりが強く意識されるようになった。この「新製品拡散時代」の製造業を支えるものとしてPLM(Product Lifecycle Management)、文字通り、製品のライフサイクル全般をとらえ、適切な製品を適切なタイミングで、さらには適切なコストで供給しようとのアプローチが盛んになった。当社はここでも首尾一貫して3Dにこだわり3D PLMのコンセプトを基軸にしていた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】顧客価値の最大化に向けた全社一丸の仕組みを築く
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

「モデルベースとデータドリブンの徹底が製造業の未来を拓く」──ダッソー幹部モノづくりから事づくりへ、プロダクトからサービスへ──。様々な表現で製造業が進むべき進路が語られる。この業界に向けた様々なソリューションを展開しているダッソー・システムズは今、どのようなメッセージを投げかけているのか。来日したエリック・グリーン氏(Vice President, User Experience and Marketing)に話を聞いた。

PAGE TOP