コラボレーション コラボレーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

キヤノンITS、通信品質をチューニング可能なWeb会議のクラウドサービスを発売

2017年1月18日(水)IT Leaders編集部

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は2017年1月17日、Web会議システム「IC3(アイシーキューブ)」のクラウドサービスを発売した。ユーザーごとに通信品質をチューニング可能だ。

 キヤノンITSは、同社が開発・販売するWeb会議システムである「IC3」を、クラウドサービスとして発売する。

 同クラウドサービスでは、ユーザーごとの通信環境を事前に調査・診断してチューニングする。映像・音声・画面共有の品質を細かく設定できるため、ネットワークに余計な負荷をかけずに、スムーズに利用できる環境を用意できる。

 無駄な音声データを削減する独自の処理技術(特許出願中)により効率的なデータ伝送を行うことで、多人数のディスカッションでも安定した品質を確保できる。

 仮想ルームやユーザーIDを自由に作成できる(同時に会議ができるユーザーIDの上限は、プランごとの最大同時接続端末数になる)ので、利用状況に合わせた柔軟な会議運営が可能だ。

 IC3のクラウドサービスの価格は、初期費用が10万円(税別、以下同様)からで、年額費用が100万円からになる。キヤノンITSは、2020年に3億円の売上(関連売上を含む)を目標にする。

 IC3は、優れた映像・音声品質と狭帯域での安定性を備えている。PCのWebブラウザー(Internet Explorer)や、スマートデバイス(Android・iOS)で利用できる。

関連記事

キヤノンITS、通信品質をチューニング可能なWeb会議のクラウドサービスを発売キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は2017年1月17日、Web会議システム「IC3(アイシーキューブ)」のクラウドサービスを発売した。ユーザーごとに通信品質をチューニング可能だ。

PAGE TOP