[新製品・サービス]

リアルタイム監視で業務PCへのサイバー攻撃を抑止するサービスを提供―富士通エフサス

2017年2月7日(火)IT Leaders編集部

富士通エフサスは2017年2月6日、従来のゲートウェイおよびエンドポイントのセキュリティ対策を巧妙にすり抜ける未知のマルウェアや、脆弱性を突く攻撃を、独自のロジックにより検出する「Traps」の導入・運用に関するサービスを発表した。

 富士通エフサスは、米Palo Alto Networksの次世代エンドポイントセキュリティ「Traps」の導入支援を行うとともに、富士通館林LCMサービスセンターで24時間365日体制での監視・通報、検知ログ分析、検知ポリシーメンテナンスなどの運用作業を一貫して提供する。これにより、短期間の導入かつ低い運用負荷で、未知のマルウェアによるサイバー攻撃のリスクの軽減を図れる。

 同サービスは、富士通エフサスが2016年8月に自社の約2500台の社外持出用PCへTrapsを導入した際のノウハウ・知見を活かしている。ユーザーのシステム環境に合わせた導入に加え、同サービスセンターでの検知内容の監視、検知した検体の採取、検体の分析結果を加えた月次レポートの提供など、日常の運用から有事の際の対応までを支援する。

 Trapsの導入・運用に関するサービスの価格は、すべて個別見積になる。

 Trapsは、マルウェアやエクスプロイトの検出機能を組み合わせ、既知および未知の脅威がネットワーク末端のPCなどへ侵入することを防ぐ。

関連記事

リアルタイム監視で業務PCへのサイバー攻撃を抑止するサービスを提供―富士通エフサス富士通エフサスは2017年2月6日、従来のゲートウェイおよびエンドポイントのセキュリティ対策を巧妙にすり抜ける未知のマルウェアや、脆弱性を突く攻撃を、独自のロジックにより検出する「Traps」の導入・運用に関するサービスを発表した。

PAGE TOP