[新製品・サービス]

NTT Comなど、ミッションクリティカルな基幹システム向け共有型クラウド基盤サービスを開発

2017年2月8日(水)IT Leaders編集部

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)と、デル テクノロジーズグループの米Virtustream、EMCジャパンは2017年2月6日、ミッションクリティカルな基幹システム向け共有型クラウド基盤サービスの開発・販売などを進めると発表した。

 NTT Comと米Virtustream、EMCジャパンの3社は協業し、独SAPの大規模なシステムなど、基幹システム向けの共有型クラウド基盤サービスの開発などで連携する。

 具体的には、NTT Comのデータセンター・ネットワーク・既存クラウド基盤と、Virtustreamのミッションクリティカルな環境に対応する共有型クラウド技術、EMCジャパンのストレージ技術とコンバージドインフラ技術を組み合わせ、μVM単位の従量課金で利用可能な、基幹システム向け共有型クラウド基盤サービスの開発を開始する。

 専有型クラウド基盤やオンプレミスとのハイブリッド環境などを、同一データセンター内で一元的に構築することも可能になる予定だ。

 また、NTT Com、EMCジャパン、デルそれぞれの法人営業能力を活かした販売を実施するとしている。

 サービス提供は、2017年春に日本での開始を予定している。日本以外の国での販売についても協業を進めるという。

関連記事

Special

-PR-

NTT Comなど、ミッションクリティカルな基幹システム向け共有型クラウド基盤サービスを開発NTTコミュニケーションズ(NTT Com)と、デル テクノロジーズグループの米Virtustream、EMCジャパンは2017年2月6日、ミッションクリティカルな基幹システム向け共有型クラウド基盤サービスの開発・販売などを進めると発表した。

PAGE TOP