[新製品・サービス]

不動産投資をIT力で透明化するReTech企業―インベスターズクラウド

2017年2月13日(月)杉田 悟(IT Leaders編集部)

x-Techが注目を集めている。金融(Finance)×TechnologyのFinTechを筆頭に、教育(Education)×TechnologyのEdTechや医療(Medical)×TechnologyのMedTech、農業(Agriculture)×TechnologyのAgriTechなど、様々な分野でIT活用が進んでいる。そのx-Techの1分野に「Real Estate(不動産)」分野のReTechがある。不動産の中でも、不動産投資に特化したReTechビジネスを展開しているのが、インベスターズクラウドだ。

 ReTechは、不動産関連分野において、IT技術で新しいサービスを生み出したり、課題を解決したりするものだ。一口に不動産といっても幅は広く、住宅やマンションの不動産販売から不動産管理、更にはスマートロックなどの周辺サービスまでReTechに含めることができる。

 不動産投資もReTechの注目分野のひとつで、複数の企業がサービス参入している。不動産投資は、株式や信託、先物などと同様、投資先のひとつとして投資家らは認識されているが、どうしても価格や手数料、条件の不透明さが付いて回る。

話題のサービス次々と提供

 インベスターズクラウドは、IT活用により透明性の高い投資フローを実現したReTech企業だ。不動産投資の中でも、サービスの中核に据えているのがアパート経営。それ以外のサービスラインナップを見ると、「クラウドファンディング」「民泊」「スマートドアフォン」「リノベーション」といった話題のキーワードが並び、先進性が見て取れる。

 主力の「TATERU」は、アパート投資関連のサービスをトータルで提供するアパート経営プラットフォーム。売りたい土地、買いたい土地のマッチングサービスや管理サービスに加え、デザインアパートの建築などリアルのサービスも手掛けている。会員数10万人を誇るが、電話勧誘などアウトバウンドでの集客は一切行っていない。ウェブサイトを駆使したインバウンドのみで集客しているが、それを可能にしたのが自社開発のDMP(データメネジメントプラットフォーム)だという。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】民泊も物件の開発から
  • 1
  • 2
関連記事

Special

-PR-

不動産投資をIT力で透明化するReTech企業―インベスターズクラウドx-Techが注目を集めている。金融(Finance)×TechnologyのFinTechを筆頭に、教育(Education)×TechnologyのEdTechや医療(Medical)×TechnologyのMedTech、農業(Agriculture)×TechnologyのAgriTechなど、様々な分野でIT活用が進んでいる。そのx-Techの1分野に「Real Estate(不動産)」分野のReTechがある。不動産の中でも、不動産投資に特化したReTechビジネスを展開しているのが、インベスターズクラウドだ。

PAGE TOP