[新製品・サービス]

マイクロソフトとヘッドウォータース、AIとロボットを活用したクラウド型の顧客おもてなしサービスを提供

2017年2月20日(月)IT Leaders編集部

日本マイクロソフトとヘッドウォータースは2017年2月17日に、小売・飲食・サービス業など実店舗型ビジネスの事業者向けに、パブリッククラウド基盤「Microsoft Azure」のAI(Artificial Intelligence:人工知能)機能とロボット技術を活用した「クラウド型“顧客おもてなしサービス”」の提供を開始した。

 「クラウド型“顧客おもてなしサービス”」は、Microsoft AzureのAI(Artificial Intelligence:人工知能)機能である「Cognitive Services」とヘッドウォータースが提供するクラウドロボティクスサービス「SynApps」の技術を統合させたパッケージである。ロボットによる顧客の顔認識や自然言語会話などの接客機能から、収集した顧客データの分析と売り上げ向上に向けた提案などの機能を、サブスクリプション型のSaaS(Software as a Service)として提供する。

 顧客との新しいつながりを作り、適切な個別の顧客サービス提供や従業員の生産性向上を支援する基盤として利用できる。そのために、AI技術とロボット型デバイスを活用して顧客を個別認識し、クラウドサービスを活用してオーダーデータなどの各種データと組み合わせ蓄積し活用する。

 顧客と接点を持つロボット型デバイスのほか、センサーなどのIoT(Internet of Things)デバイスからのビッグデータ管理や分析機能まで一貫したサービスを同時に提供することにより、おもてなしサービスの提供に加え、経営予測や在庫管理などへの活用も可能になる。

 クラウド型“顧客おもてなしサービス”には、標準で顔認識による顧客個別認識とビッグデータ管理・分析機能を提供する「ライトプラン」と、それらに加えチケットやレシートなどのプリンターとの連携決済機能とセンサーを活用した顧客の指定場所通過認識機能も提供する「レギュラープラン」がある。

 価格は、ライトプランの場合は初期費用が無料、月額費用が3万円(税別、以下同様)からで、レギュラープランの場合はそれぞれ60万円から、10万円からになる。ロボットやIoTデバイスの調達費用は別途必要だが、今後ロボット込みでの月額プランも提供する予定だという。

 日本マイクロソフトはビジネスモデルの開発、同サービス開発の技術支援、導入検証プログラムの販売を行い、ヘッドウォータースは統合アプリケーションの開発および今後のサービスサブスクリプションの販売を行う。両社は共同で、2020年までに200社へのサービス導入を目標にする。

関連記事

Special

-PR-

マイクロソフトとヘッドウォータース、AIとロボットを活用したクラウド型の顧客おもてなしサービスを提供日本マイクロソフトとヘッドウォータースは2017年2月17日に、小売・飲食・サービス業など実店舗型ビジネスの事業者向けに、パブリッククラウド基盤「Microsoft Azure」のAI(Artificial Intelligence:人工知能)機能とロボット技術を活用した「クラウド型“顧客おもてなしサービス”」の提供を開始した。

PAGE TOP