[新製品・サービス]

消費者向けWebサービスに特化した認証・アクセス管理製品を提供―NRIセキュア

2017年3月3日(金)IT Leaders編集部

NRIセキュアテクノロジーズ(NRIセキュア)は2017年3月2日、ID連携製品「Uni-ID」を刷新し、消費者向けWebサービスに求められるアクセス制御機能を統合的に提供する「Uni-ID Libra」として発売すると発表した。発売は2017年6月を予定している。

 「Uni-ID Libra」は、消費者向けWebサービスのアクセス管理に求められる認証・認可・ID管理・脅威検知機能を一括で提供するパッケージ製品である。

 パスワード認証や多要素認証、脅威分析機能、継続的認証など、高度なセキュリティ対策のための様々な機能を提供する。統合した管理機能によって、これらの認証機能を一元的に設定・管理し、統計情報のモニタリングを実施可能にしている。

 エンドユーザーの振る舞いを分析し、不正なアクセスの可能性が高い場合のみ多要素認証を求めるなどリスクベース認証を実行できる。利便性の高いUX(User eXperience)と高度なセキュリティの両立を図れる。

 利用者向けの認証画面や登録画面については、標準画面テンプレートを用意しており、個別に画面を開発することは不要だ。画面テンプレートは管理者機能で柔軟に変更できる。認証・認可の結果や利用者属性の連携は、すべてAPI(Application Programming Interface)経由で実施できる。

関連記事

消費者向けWebサービスに特化した認証・アクセス管理製品を提供―NRIセキュアNRIセキュアテクノロジーズ(NRIセキュア)は2017年3月2日、ID連携製品「Uni-ID」を刷新し、消費者向けWebサービスに求められるアクセス制御機能を統合的に提供する「Uni-ID Libra」として発売すると発表した。発売は2017年6月を予定している。

PAGE TOP