[新製品・サービス]

SaaSのデータ保護を高めるクラウドセキュリティを提供─パロアルトネットワークス

2017年3月21日(火)IT Leaders編集部

パロアルトネットワークスは、法人向けSaaS(Software as a Service)アプリケーション上のデータを保護するセキュリティクラウドサービス「Aperture」の提供を2017年3月21日に開始した。脅威防御と情報漏えい対策によりSaaSアプリケーションのセキュリティ向上を図れる。

 「Aperture」は、利用を許可した法人向けSaaS(Software as a Service)アプリケーションの脅威防御や情報漏えい対策を図れるクラウドベースのセキュリティサービスである。非許可のSaaSアプリケーションへのアクセスの可視化と制御を行うパロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールと組み合わせることで、SaaSアプリケーションに対する包括的なセキュリティ対策を構築できる。

 同社の脅威インテリジェンスクラウドサービス「WildFire」と連携することで、SaaSアプリケーション内の既知および未知のマルウェアをブロックできる。また、SaaSアプリケーション内のデータに対する動きの可視化と、機械学習によるコンテンツ解析による文書ファイルの分類により、データの機密性にあわせ、情報漏えいに対して効率的・迅速に対処できる。

 対応するSaaSアプリケーションは、Box・Dropbox・GitHub・Google Drive・Microsoft Office 365・Salesforce・Secure Data Space(SSP Europe)・Slack・Jive・ServiceNowになる(今後、拡張予定)。

 Apertureは、販売代理店を通じ、サブスクリプションモデル(WildFireを標準で含む)で提供する。価格については要問い合わせ。

関連記事

Special

-PR-

SaaSのデータ保護を高めるクラウドセキュリティを提供─パロアルトネットワークスパロアルトネットワークスは、法人向けSaaS(Software as a Service)アプリケーション上のデータを保護するセキュリティクラウドサービス「Aperture」の提供を2017年3月21日に開始した。脅威防御と情報漏えい対策によりSaaSアプリケーションのセキュリティ向上を図れる。

PAGE TOP