[インタビュー]

個人から組織へ―ITコンシュマライゼーション戦略でビジネス市場に打って出たDropbox

本社CTO Aditya Agarwal氏/日本法人社長 五十嵐光喜氏に聞く

2017年6月13日(火)杉田 悟(IT Leaders編集部)

今やオンラインストレージは、ビジネスパーソン必須のITツールといえる。パソコンを買えばだまっていてもMicrosoftのOneDriveが使えるし、Google AppsにはGoogle Driveが付いている。中でもコンシューマーユーザーから高い支持を得てきたのがDropboxだ。ビジネス特化型で知られるBoxとすみ分けてきた感の強いDropboxだが、ここにきてビジネスマーケットへの攻勢を強めている。ビジネスマーケットでは圧倒的不利といわれてきた同社が巻き返しのために掲げてきたのが「ITコンシュマライゼーション」だ。本社CTOのAditya Agarwal(アガーワル)氏と日本法人社長の五十嵐光喜氏に話を聞いた。

企業向けでマーケットシェア拡大

 MicrosoftのOneDrive、Google Drive、そしてDropboxは、個人利用のオンラインストレージ、あるいはクラウドストレージサービスとしてもっともメジャーな3サービスだ。一方、企業利用となるとBoxが強いといわれている。

 Windowsユーザーであれば利用できるOneDriveや、Google Appsの1サービスとして提供されているGoogle Driveを除くと、オンラインストレージあるいはクラウドストレージの世界的有力ベンダーは、DropboxとBoxに絞られる。この2社、ほぼ同時期にサービスをスタートさせているが、Dropboxは個人利用、Boxは企業利用に対象を絞ることで、うまくすみ分けしてきた。

 しかし、クラウドの普及によりハードルが下がり、オンラインストレージがビジネスパーソンの必携ツールとなりつつある現在、企業向けマーケットの主導権争いに変化の兆しが見える。これまで個人向けでシェアを伸ばしてきたDropboxが、企業向けのシェア獲得に熱心なのだという。

米本社CTOのAditya Agarwal氏

 米本社CTOのアガーワル氏によると、「現在グローバルで20万以上の企業ユーザーがDropboxでチームの同期を取っている」という。ほとんどが個人ユーザーだったDropboxが、なぜ急激に企業ユーザー数を伸ばすことができたのか。企業ユーザー獲得のためにDropboxが打ち出した戦略が「ITコンシュマライゼーション」だ。

 通常、企業がITシステムを導入する際には、IT担当部門がシステムを選定して現場に使わせる。つまりトップダウン型を取る。導入したはいいが、思いのほか現場からの評判が悪く、結局使われなくなるというのは、よく聞く話だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

Special

-PR-

個人から組織へ―ITコンシュマライゼーション戦略でビジネス市場に打って出たDropbox今やオンラインストレージは、ビジネスパーソン必須のITツールといえる。パソコンを買えばだまっていてもMicrosoftのOneDriveが使えるし、Google AppsにはGoogle Driveが付いている。中でもコンシューマーユーザーから高い支持を得てきたのがDropboxだ。ビジネス特化型で知られるBoxとすみ分けてきた感の強いDropboxだが、ここにきてビジネスマーケットへの攻勢を強めている。ビジネスマーケットでは圧倒的不利といわれてきた同社が巻き返しのために掲げてきたのが「ITコンシュマライゼーション」だ。本社CTOのAditya Agarwal(アガーワル)氏と日本法人社長の五十嵐光喜氏に話を聞いた。

PAGE TOP