[新製品・サービス]

AkamaiクラウドWAFの運用管理サービス─ラックが提供

2017年7月20日(木)IT Leaders編集部

ラックは2017年7月19日、米Akamai Technologiesがクラウド型で提供しているWebアプリケーションファイアウォール(WAF)サービス「Kona Site Defender」(KSD)をユーザー企業に代わって運用するサービス「クラウドWAF 運用管理サービス」を発表した。10月1日に提供開始する。

 クラウドWAF 運用管理サービスは、提供内容に応じて、フル機能版の「MSS(Managed Security Service) for Akamai KSD」と、機能限定版の「POS(Policy Optimization Service) for Akamai KSD」の2種類を用意した。日本のセキュリティ監視サービス事業者によるKSDの運用サービスは国内で初めてとしている。

 MSS for Akamai KSDは、ラックのセキュリティ監視センターJSOCに在籍するアナリストが24時間365日、サイバー攻撃のセキュリティ監視と緊急対応、セキュリティポリシー運用など、KSDの運用に必要なすべての機能を提供する。Webサイトへの攻撃やDDoS攻撃に関するインシデント対応を支援する。

 POS for Akamai KSDは、Webサイト保護のためのセキュリティポリシーの運用に特化した機能を提供する。これにより、ユーザー企業のセキュリティ担当者の平時の運用負担を軽減する。
 

関連キーワード

WAF / Akamai

関連記事

AkamaiクラウドWAFの運用管理サービス─ラックが提供 ラックは2017年7月19日、米Akamai Technologiesがクラウド型で提供しているWebアプリケーションファイアウォール(WAF)サービス「Kona Site Defender」(KSD)をユーザー企業に代わって運用するサービス「クラウドWAF 運用管理サービス」を発表した。10月1日に提供開始する。

PAGE TOP